「iPhone 8」は2700mAhのL字型バッテリー搭載で駆動時間が伸びる!?

スポンサーリンク
iPhone 8

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、有機ELを搭載したハイエンドモデルの「iPhone 8」は上の画像の様に2700mAhのL字型バッテリーを搭載するとのこと。

上の画像は、左から2017年に発売されるTFT-LCDを搭載したiPhone、真ん中がハイエンドモデルとなるiPhone 8、一番右端が現在販売中のiPhone 7となっています。

有機ELモデルは駆動時間が伸びる?

TFT-LCDモデルのiPhoneはiPhone 7と同じく10層のロジックボードが採用されるようですが、有機ELを搭載するiPhone 8はロジックボードの面積を減らしてバッテリーをL字型にして従来機よりも容量を増やす模様。またロジックボードは10+2+8層構造と層を増やして面積が減った分をカバーするそう。

iPhone 8はディスプレイが有機ELになって消費電力が減り、その上バッテリーが増えるので、現在販売中のiPhone 7 Plus(2900mAh)よりも長時間駆動になるとのことです。

今年で10周年目を迎えるiPhone。筆者が初めて触ったiPhoneは3GSでしたが、その衝撃はとてつもないものでした。新iPhoneの発売はまだ先になると思われますが、どのような製品になるか今から楽しみですね。

Source:MacRumors

スポンサーリンク

シェアする

フォローする