初心者のためにわかりやすく解説、みおふぉん教室 格安スマホの選び方2017 -IIJmio meeting #14

格安スマホの選び方

IIJmio Updateに続いて初心者向けのセッションとして「格安スマホの選び方2017」がIIJmioの松崎さんによって行われました。ネタバレ項目なので東京会場に参加される方は見ない方が良いかもしれないですね。

第6回のSIMフリースマホの選び方おさらい

IIJmio
第6回のIIJmio meetingでも同様のイベントが行われており、最初は昔のおさらいでした。今ではミッドレンジでもRAM4GBを積んでる機種なんてざらにありますが、当時はRAM2GB程度の機種が多めで、注目点もスペック表が主なポイントでした。

2017年版格安スマホの選び方

IIJmio
今回の目次はこんな感じ。

最近の格安スマホのスペックは?

IIJmio
ちょうど似たような価格帯で、ASUSさんが2014年11月に出したZenFone 5と2016年11月に出たばっかりのZenFone 3 Lazerが比較されていました。メモリやストレージが単純に2倍になるだけでなく、性能を測るベンチマークソフトの結果も2倍になっており性能は格段に向上しています。

選択肢も広がる

IIJmio
以前は3万円前後の格安スマホというと横並びっぽい印象がありましたが、最近は幅も広がり2万円前半のものもあれば2万円後半の製品も、更に3万円台でも製品が増えもう少し予算アップすればフラッグシップが買える状況にあり、選ぶのが難しくなっています。
IIJmio
2年前は主にCPUやメモリを重点的に見る必要がありましたが、最近ではVoLTEやDSDS、USB-Cなど性能以外の面で考えないといけないことが増えました。

VoLTE

IIJmio
VoLTEはLTE回線を使った音声通話のことで、従来のものと比べて高品質な通話が可能になります。タイプD(ドコモ)の場合であれば対応していてもしてなくても好みの問題ですが、タイプA(au)を使う場合は必須です。

Wi-Fi 5GHz帯

IIJmio
通信を安定させたかったり、家の無線LANの親機が5GHz帯に対応してるなら、Wi-Fiの5GHz帯も見ておきたいポイント。筆者の家の周りにも2.4GHz帯のWi-Fiを利用している家庭は多いようでたまに干渉するためか通信が遅くなることがあります。そんな時5GHz帯で接続できると安定して通信ができるので個人的にはここも推したいですね。

指紋センサーやジャイロセンサーなど

IIJmio
指紋センサーも意外と注目すべき点です。今まで使ってきたスマホが指紋認証に対応してて利便性を知ってて非対応の機種に乗り換えた場合、便利な機能がなくなって不便さを感じるので注意が必要です。某位置情報ゲームを良くプレイするならジャイロセンサーもみておくべきでしょう。

DSDS(Dual SIM Dual Standby)

IIJmio
2枚のSIMを挿して同時に待ち受けができる機能で、1枚キャリアのかけ放題のSIM,もう1枚を格安スマホのデータSIMを挿して用途に応じて使い分けができます。正直な所格安スマホデビューする人がいきなりSIMを2枚契約するというのは想定しづらいので、見なくて良いポイントかもしれません。

USB-C

IIJmio
新しいUSBの規格として最近出てきたのがこのUSB-Cです。スマホでは勿論、MacBookなどにも採用されている規格で対応製品が増えています。裏表を気にせず使うことができます。

スペック表で分かりにくい部分はどうする?

IIJmio
Androidはメーカーによってホームアプリや設定など様々な手を加えられていることもあり、使い勝手に差が結構あります。ホームアプリはあとからアプリをインストールして変えることも可能ですユーザーには変えることができない部分があり、このあたりは実際に触って確認して見るのが良さそうです。
OS
OSのアップデートは機能の拡張だけでなく、不具合の修正やセキュリティの向上もあります。MVNOで取扱っている大手スマホメーカーはこまめにアップデートしてくれるとこも多いとのこと。
IIJmio
使い勝手を知る方法としては、通販サイトや価格比較サイトのレビューがある程度参考に(間違ってる場合もありますが)。量販店に行くと実際に動作する状態で体験できるものもあります。IIJmioのサイトでは販売店のポップのように簡単なレビュー的なものも公開されています。

筆者が個人的に推したいのはタッチアンドトライイベントですね。何回かこういったイベントに足を運んだことがありますが、説明員の方が詳しく説明してくれる上に実機も多く体験時間が長く取れることが多かったですね。場所も駅近くであるなど足を運びやすいのも良いポイントですね。

まとめ

IIJmio
まとめとして、注目すべき点が増えたことと求める機能を整理するのを強調されていました。

特に人におすすめのスマホ何?と聞かれた際に迷う点がこれで、予算や求める機能を把握できてないと格安スマホの海から候補を選び取ることは難しく、結局各社のフラッグシップで良いんじゃない?となってしまいます。買う際にTwitterなどのSNSやブラウジングをする程度のスペックで良いのか、それともアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージのように高スペックを要求するゲームをするのかなど、そういった点を細かく整理しておくとニーズに合ったスマホを選びやすくなると思いますね。