僕がGalaxy Gear S3ではなくApple Watch Series2を購入した理由

Gear S3

以前Huawei Watchを持っていたのですが、屋外での視認性の悪さやバッテリーの持ちの悪さが祟り、あえなく1週間で手放す運びとなりました。それ以来スマートウォッチに利便性を見いだせず、買うことはないと思っていました。

しかし、最近のレビュー記事を見ているとウォッチのバッテリーの駆動時間が伸び操作性が良くなってることや、大学生活を始めて思いの外通知が送られることが増え、もしかしたら買っても良いかもしれないと思い色々した結果Apple Watchをポチりました。
この記事ではなぜGalaxy Gear S3やZenWatch 3ではなくApple Watchになったのかを紹介します。

Apple Watchの強み

電子マネーに対応

Apple Watch
Apple Watchが他のディスプレイ付きのスマートウォッチにない利点がおサイフケータイ(Felica)に対応している点ですね。おサイフケータイ、使うまでは無くても大丈夫だったのですが、いざ使い始めてみると、財布から小銭を数えたりする必要のなさから利便性の虜になりました。

ソニーが出しているWena Wristという製品もありますが、こちらはEdyには対応しているものの、Suica非対応になっています。またディスプレイはなくリストバンド部にスマートウォッチの機能が詰め込まれています。

デザインが洗練されてる

Apple Watch
四角いディスプレイであることから、円形のディスプレイを搭載したAndroid Wearと比較して「ダサい」と揶揄されることもありますが、ディスプレイだけでなくボタン一つ、背面の心拍センサーなど細部に至るまで細かくデザインされてます。

Galaxy Gear S3の強み

ディスプレイが円形表示

Gear S3
Gear S2はデザイン的にプラスチック感がありイマイチだったものの、Gear S3は洗練されています。また遠景ディスプレイを採用しているので、一般的な腕時計にデザインが近くなっています。

操作性が良さそう

Gear S3
時計のベゼルは回転式になっており、くるくると回すことで項目を選択することが可能です。ディスプレイをタッチしにくい歩行中でも、ダイヤル感覚で操作できるのは良いですね。

Apple Watchにした決め手は

どちらも防水に対応、内蔵GPS、バッテリー持ちもそこそこ良さそうということで非常に悩みました。最終的な決め手はおサイフケータイ、細部のデザインでした。
Apple WatchならSuicaを使うことができます。現在所有していいるXperia XZでもモバイルSuicaを使用できますが、イヤホンなど使って音楽を聴いている時に改札やレジで決済するとき、特に冬は着ぶくれしているので、服に引っかかって決済しにくい場合が多々あります。そんなとき腕だけでさっと使えるApple Watchはそういった煩わしさを解消してくれるものになりそうでした。

今回はあくまで母艦となるスマホのOSを考えなかったため、様々な選択肢がありましたが実際に使うなら、iPhoneを使っているかAndroidスマホを使っているかによっても、どのスマートウォッチを買うのか左右されそうですね。