古いMacBook Pro (13-inch, Mid 2009)にRemix OSをインストールしてみる

厳密に言うと違うんですが、私が人生で初めて使ったApple製品、MacBook Pro 13inch late2009。使い始めた当初Windowsとは全く違う洗練されたデザイン、操作感に魅了され驚きを覚えたが、OS X Yosemiteになってからは動作が重すぎて使う気にもならず、押し入れにしまっていた。

ただ押し入れに入れとくのももったいないし、売るか何かしら利用法を考えようと思っていたところ、Androidベースでintel CPUのPCで動くRemix OSがあったなと思いインストールすることにした。

インストールしたPCのスペック

RAMが2GBなど最近のハイエンドスマホに負けているなど、今となってはロースペック。でもAndroidを動かす程度であれば軽くこなしてくれそうなスペック。

端末名 MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)
OS OS X Yosemite
CPU 2.26GHz Core 2 Duo
RAM 2GB
HDD 160GB
ディスプレイ 13.3インチ、解像度:1,280×800
グラフィックス NVIDIA GeForce 94000M 256MB

インストール用USBメモリの作成

remix OS
まずはインストール用USBメモリの作成。UNetbootinとRemix OSの公式サイトから64bit版のファイルをダウンロード。ダウンロードしたRemix OSのファイルはどこでも良いので解凍しておく。

UNetbootin
UNetbootinを起動し、解凍したフォルダ内にあるisoファイルを指定し、MBR&FATあたりでフォーマットした適当なUSBメモリ(8GBくらいでOK)に焼く。

パーティション分割

ディスクユーティリティ
次にパーティション分割をする。初めはBootCampアシスタントあたりを使ってやろうとしたが、Windowsの起動イメージを用意しないと次に進めなかったので、諦めて「ディスクユーティリティ」を使用することに。今回はOS Xを残したままインストールするので適当なサイズに縮小し、新たなパーティションを作成した。Remix OSをインストールするパーティションをexFATでフォーマットしとくと後々便利(しなくても問題はない)

インストール開始


Macに上で作ったUSBメモリを挿し、optionキーを押しながら起動。オレンジ色のUSBマークっぽい”EFI Boot”を選択。
Remix OS
しばらくすると上の画面になるので、適当なキー(tabキーを使いました)を押して自動起動を停止させます。Resident Modeが青くなっていることを確認したら”E”キーを押します。
Remix OS
するとコマンドラインぽい画面になるので5行目の

DATA= USB_DATA_PARTION=1

の所を

INSTALL=1

と書き換え、F10キーを押します。(shiftキーを押さなくてOK)

Remix OS
HDDのどの領域にインストールするか聞かれるので、作成したパーティションを選択。(さっきexFATで作成してれば一目瞭然)

Remix OS
インストールするパーティションをフォーマットするか聞かれるので適当に選択(今回はext4でしました)
Remix OS
これはあった方が良い気がしたのでYesを選択。
Remix OS
こちらはダメそうなのでNoを。
Remix OS
Yesを選択。この後すぐインストールが開始します。

インストールが成功すると上の画面の様になり、Remix OSを起動するかシャットダウンするか選択するか聞かれます。

インストール終わって注意点とか色々

ファンクションキーはそのまま使える

Remix OS
OS Xのとき音量ボタンとして使えていたキーはそのまま、Remix OSでも設定不要で使えます。画面の明るさはもちろん、曲送り戻し、音量ボタンなども操作できます。キーボードのバックライトは対応してない模様。

Bluetooth,Wi-Fi OK

Bluetooth, Wi-FiもOK

初期はUSキーボード設定なので注意

初期状態ではUSキーボードのままなので注意必要です。@の入力がshift+2だったり違う点が色々あります。
この点に関しては、少し手を加えてやることで日本語配列のキーボードとして利用できるようになりました。

日本語使用可能、ただし

Remix OS
日本語は選択可能です。ただし初期設定のときのみ英語または中国語の選択肢しかなく、後ほど設定から変える必要があります。

軽く使ってみて

インストールが終わって1, 2時間使ってみた印象としては、OS Xのときよりも格段に軽くストレスになるような不具合もなく、これならまだまだ使えると言った印象。
AndroidになったことでAmazonプライムビデオがローカル保存可能になったりと、OS Xでできなかったことが色々できるようにもなったので、使いみちの幅が広がってすごく良いですね。