普通の腕時計からApple Watch Series 2への完全移行に成功、どんな人におすすめか?

Apple Watch

ふと思いつきで購入したApple Watch Series2。過去にHUAWEI Watchを購入した時はあまり利便性がなく、すぐ普通の腕時計を使うようになったのですが、今回は置換に成功したので実際にどんなところが良かったのか紹介します。

おサイフ機能が便利すぎる

Apple Watch
個人的に多様してる機能としては、Series 2から搭載されたApple Payですね。関西圏に住んでいるのですがSuicaを利用して電車に乗ったり、iDで買い物したりする際に使用しています。iPhone 7とペアリングさせておりできる決済方法に関してはiPhoneと同じなのですが、スマホをいちいちカバンやポケットから出さなくて良いのは良いですね。

音楽再生をコントロールできるのがGood

Apple Watch
iPhoneで再生している音楽をApple Watchからコントロールできるのも良いところ。音量や曲送り戻しだけでなくプレイリストなど選曲も行えます。

バッテリーが2日持つ&無接点充電

Apple Watch
バッテリーは通知と時刻の確認をメインに行うのであれば最低2日、日によっては3日間充電せずに使用することが可能でした。ランニングなどでGPSや心拍計を利用する場合は1,2日程度となります。充電が切れそうになっても、省電力モードに入れておくと使える機能は時刻表示のみになりますが、数日間延命できます。

充電器は磁石で本体にくっつく様になっており、HUAWEI Watchとは違いピン方式ではないので持ち運ぶ際に不安な点がないのは良いですね。

時刻が意外と見やすい

Apple Watch
驚きだったのが時計が意外と見やすかった点。直射日光下や夜間でもディスプレイが点灯するので、筆者が所有している普通の腕時計より視認性が高かったです。

Macのロック解除も可能

予めMac側でApple Watchを使用してのロック解除ができるように設定しておくと、パスワードを入力する必要なく、Macをスリープから復帰させられます。

スマホの取り出さなさに価値を見出すか

Apple Watchを始めとするスマートウォッチを買うかどうかは、スマホを取り出さなくなることに対してどれだけの価値を見出すかだと使ってみて感じました。

筆者の場合、LINEやGmailなど一日に最低でも10件は通知が飛んできますし多い時は更に来ます。その内即時返信が必要なものはそこまで多くなく確認程度で済むものがほとんどなので、通知が来るたびにポケットからスマホを出さなくなって非常に便利になりました。「またスマホだして確認しなきゃ…」と思うことが多い人にはおすすめな印象です。