iPad Proで使うキーボードはSmart KeyboardかそれともMagic Keyboardか?

iPad Pro

以前iPad Pro用にWindows向けに作られたBuffaloのBluetoothキーボードを使用していると紹介しました。
しかし、Winでの利用を想定して作られたもののため、@を押すと「が出てくるなど印字されている文字ではなく少し使いにくい辛さがあったのでiOS向けのキーボードを検討することにしました。

Smart Keyboardという選択肢

SmartKeyboard
Smart Keyboardの一番の利点はiPadと物理的に接続可能な点ですね。Bluetoothキーボードと違いペアリングや接続切れを気にする必要はありません。
キーボードがスタンドにもなるので持ち運びが楽ですし、カバーを開けてすぐ文字を打ち込んだり膝上での文字入力が可能な点もメリットでしょう。
SmartKeyboard
デメリットとを挙げるなら、タブレットスタイルでの利用機会が多い場合カバーの分厚さが難点ですね。ケースなどもつけているとより野暮ったくなってしまいます。

Magic Keyboard(Apple Wireless Keyboard)を利用する場合

iPad Pro
キーサイズはSmart Keyboardよりも大きくなるので打ちやすさは格段に向上します。入力に関しても英数キーやかなキーは勿論のこと、ファンクションキーに印字されている明るさキーや音量キーなどもMac同様に使用することができます。
またiPad本体に直接接続にしないので、タブレット単体での利用やApple Pencilで絵を描く際には扱いやすめ。
iPad Pro
そのほかにも上の画像のようにcommandキーとの組み合わせでショートカットや、command+Aで全選択なども使用可能です。

デメリットはキーボードが一体型ではないので持ち運びがかさばる点、それとスタンドまたはSmart Cover的なものが必要なところですね。膝上での使用は勿論できません。

最終的には自分の入力にシーンに合わせる

最終的には自分の入力にシーンに合わせるのがいいでしょう。例えば座っている環境でよく文字入力がするならSmart Keyboard、Apple Pencilでの入力が多くキーボードの使用頻度が普通くらいであれば、Magic Keyboardなどがオススメですね。

筆者個人としては膝上での利用はほとんどなくApple Wireless Keyboardをチョイスしました。Smart KeyboardとMagic Keyboardの値段を比べてみても、iPad Proでしか使えないものより、Macなどにも流用可能な点もチョイスの理由になりました。