最高!最高!最高!「MacBook Pro Retina 13-inch 2017」開封の儀&ファーストインプレッション

MacBook Pro

紆余曲折あって今年3月頃に購入したMacBook Air 13-inchモデルをMacBook Pro Retina 13-inch 2017に置き換えたので開封の儀と簡単なレビューをします。

今回購入したのはMacBook Pro Retina 13-inch 2017のRAM 8GB・ストレージ256GBでTouch Barなしのモデル。

いつも通り箱から

MacBook Pro Retina
白地の箱に本体がプリントされており、側面にはMacBook Proと黒字の文字が印刷されています。様々なガジェットを手にしてきましたがやっぱりAppleの箱は良さがあります。
MacBook Pro
箱を開けると本体と対面。この下には付属品などが収められています。

内容物など

MacBook Pro
USB Type-Cケーブルや充電器、そして説明書類となります。USB Type-Cケーブルはスマホ用でよく見かけるものとは異なり、かなり太めで丈夫な印象。

簡単に外観を紹介

MacBook Pro
今回選んだカラーはシルバーモデル。あくまで筆者の印象ですが、MacBook Airや従来のロゴの光るMacBook Proと比較して少し濃い目のシルバーに感じました。

光らないロゴに関しては違和感あるかな?と思ったのですが、ロゴ部分もクオリティが高いですしiPhoneやiPadなどで慣れていたので全然問題なかったですね。

最高!最高!最高!

MacBook Pro
正直なところ現時点では「最高!最高!最高!」とか「MBPRはいいぞ!」といった風にあまりの良さから語彙力を失ってしまいました。
もうしばらくしたら落ち着くはずなので、そのときになぜTouch Barアリにしなかったのか?やしっかりしたレビューをお届けできればと思います。