iOS 11から!初期設定時にApple IDの入力が不要でiPhone 8をセットアップ「クイックスタート」を紹介

iPhone 8

iPhone 8を先日購入したとこの記事で紹介しましたが、初期設定時にApple IDの入力が不要で非常に便利な「クイックスタート」という新機能が追加されていたので紹介します。

クイックスタートとは

「クイックスタート」とはiOS 11から搭載された新機能で、iPhoneなどのiOSデバイスを初期設定する際、初期設定したいデバイスに既存のiPhoneやiPadを近づけるとApple IDなどの入力が不要で初期設定ができる便利な機能です。

使い方

iPhone 8
iPhoneを起動し言語設定などを済ませると上記の様な画面が表示されます。
iPhone 8
そうすると近くに置いてあるiOSデバイス、今回の場合iPadに上の画像の様な画面が表示されるので「続ける」をタップします。

iPhone 8
iPhoneの画面

iPadの画面

iPhoneの画面に認証のための模様が表示されるので、それをiPadの画面で読み取ります。この方法はApple Watchでも使われていますね。
iPhone
iPadで使用しているパスコードを初期設定するiPhoneの画面に入力するように要求されます。
iPhone 8
あとは特にパスコードの入力を求められることもなく、Touch IDの設定などに移るので画面の指示通りに進めていくと完了します。

めっちゃ便利

旧機種から新機種への以前からアプリのバックアップを取ってくれ、Apple IDを入力し旧機種と同様の環境をすぐに構築できるため非常に便利でしたが、「クイックスタート」の搭載により文字入力という手間が極限まで減らされており更に便利になりました。
面倒な初期設定に手間取ることがなくなるので、iOSデバイスを使用する時は積極的に使っていきたい機能です。ちなみにiOS 11になったiPhone 7でも使用可能でした。