変わってないようで変わってる?「iPhone 8」と「iPhone 7」の外観比較レビュー

iPhone 7 8

「iPhone 8」と「iPhone 7」一見するとデザインの大きな変化は無いように見えますが、実際に2台を並べてみて当初想定していたよりも大きな差があったので違いをレビューします。

外観比較

全然変わらない前面

iPhone 8
一番変化が無かったのが前面ですね。6s→7の時は前面のスピーカー部分が少し長くなるなど僅かな変化がありましたが、7と8は前面だけでの判別が難しくなっています。ちなみに左からiPhone 8→7

ガラリと変わった背面

iPhone 7 8
背面の印象はアルミからガラスへと変化したことでガラリと変わっています。どちらもカメラやロゴの位置は変わっていませんが、別のスマホの様に見えます。
iPhone 8
材質の変更によりiPhone 7であった上部と下部のアンテナラインは消滅し、スッキリしました。また総務省指定などの認証の文字が消えiPhoneの文字以外ない点も見た目のシンプルさに一役買っています。前のも良かったんですけどね。
iPhone 7 8
カメラ周りも以前はボディと一体化していましたが、iPhone 8では金属製のリングがつき、デザイン上の良いアクセントになっています。

側面

iPhone 8
側面にあるアンテナラインはiPhone 7のときよりも僅かに細くなっています。
iPhone iPhone 7
ちなみにボタンの配置や位置など変わった点はありません。

下部

iPhone 8
下部に関しても同様に大きな変更点はありません。

手にしてみて気づいた点

滑りにくくなった

iPhone 7のときは背面がアルミだったので乾燥した手で持つと滑って落としそうになるのですが、ガラスになったことで落としにくくなったのは良い点ですね。また、背面パネルにもしっかりコーティングがされているので、指紋が付きにくかったり、付いても拭き取り安いですね。

厚みの変化

iPhone 8
背面がガラスになったり、Qi充電に対応したことで厚みは0.2mmの微増で7.3mmとなっています。
正直なところちょっと厚くなったかな?というくらいで、iPhone 7で良かった持ちやすさは健在です。

かなり満足度が高い

iPhone 5以降しばらくの間アルミメインの筐体のiPhoneが出てきていましたが、iPhone 8で久しぶりにガラスに回帰しました。デザインベースはiPhone 7ですが材質の変更により全く別のスマートフォンになったかの印象で、8を名乗るに相応しいのではないでしょうか。