結局悩みの末、10.5インチiPad Pro用「Smart KeyBoard」を買ってしまったのでレビュー

Smart Keyboard

先日こんな記事を書きましたが、結局10.5インチiPad Pro用のSmart Keyboardを買いました。正直な感想、これ買うべきです。

開封の儀

Smart Keyboard
Apple特有の白い箱で、前面にSmart Keyboardの写真がプリントされています。
Smart Keyboard
箱の裏面にはSmart Keyboardをどのようにして使用するかが書かれています。
Smart Keyboard
開封すると中にはキーボード本体と説明書類が収められていました。

使い勝手

入力のしやすい

Smart Keyboard
キーボードとしては当たり前ですが、入力はしやすいですね。Apple Wireless Keyboardなどと比べてキーサイズは小さいですが、筆者の場合は打ちにくいと感じることはなかったですね。
打鍵感もあり、スラスラ入力することができます。
昨年モデルにはJISモデルはなく少し使いずらさがありましたが、今年からはJISモデルも用意されており日本向けにもなっています。

カバーとして

Smart Keyboard
キーボード部分があるので、Smart Coverなどと比べると少し重め。持ち運ぶ際はそれほど気になりませんが、たまにしか文字入力しない方にはこの重さが煩わしく感じるかもしれません。

iPadと繋ぐだけ

Smart Keyboardを使うに当たって、充電や設定などは不要。iPadに繋げるだけで使うことができます。バッテリー残量を気にしなくていいのもGood!

使わないときはソフトウェアキーボードが出る

Smart Keyboard
個人的に流石Appleだなと思ったのが、Smart Keyboardとソフトウェアキーボードの使い分け。Bluetoothキーボードの接続時だと接続を切るまではソフトウェアキーボードが表示されることは(Bluetoothキーボードから出せますが)なく、タッチ入力したいときは不便です。

このSmart Keyboardは上記のようにちゃんと立てている状態のときにはそこから入力でき、またカバー状態にしているときはちゃんとソフトウェアキーボードが表示されるので非常に便利です。

最高の2in1デバイスに

Smart Keyboard
筆者はこれまで外出先で作業をしたいときは、iPad ProにApple Wireless Keyboard、又はiPadとMacBook Proをセットで持ち運ぶことが多く少し大きめのカバン使う必要がありました。しかしSmart Keyaboadを使い始めてからはこれでブログを更新することができるので圧倒的に便利です。

膝上での入力も安定して行えますし、Excel, Wordなどもこれ一台で済むので持ち運ぶものが減り移動も楽になりましたね。

iPad Proでパソコンの様に作業したいと思っている人は買うべきではないかと思います。