【2回目の購入】10.5インチ iPad Pro用「SmartKeyboard」を買いました

iPad Pro

約1ヶ月ぶりに10.5インチ iPad Pro用「Smart Keyboard」を購入しました。

ちょっと前まではMi Notebook Air 12が来て持ち運び要員となったことで、iPad用のキーボードを処分したのですが、必要になり再度購入しました。

Mi Notebook Airが悪かったわけではない

Mi NoteBook Air
最初に断っておくと、Mi Notebook Airが悪かった訳ではありません。むしろ個人的に今まで使ってきたWindowsノートのなかではトップ3に入ります。

ただ問題はMacBook Pro 13インチともiPad Pro with SmartKeyboardとも被ってしまった所ですね。

操作が快適だが少し重いMac、持ち歩きやすいiPadという構成の中で、操作もそこそこ持ち運びもそこそこという存在のMi Notebook Airですが、いざ蓋を開けてみると普段はiPadで、パソコンが必要な時はMacとキーボードなしのiPadで完結してしまうということに気づきました。

また搭載OSがMi Notebook AirはWinなので、iOSやmac OS製品との連携がめんどくさく、連携の取りやすいiPadを普段から使う方が便利でした。

ノートPCよりは手軽

iPad Pro
持ち運びするノートPCと役割が被るということで一度は手放したSmart Keyboardでしたが、手軽にブログを更新したり、文書ファイルを作成するなどといった用途に関しては、iPad Pro with Smart Keyboardの方がiCloud Driveや写真アプリで、iPhone XやMBPRと連携させることができて便利でした。

信者にWinは厳しい

個人的な感想としてはAppleのエコシステムに使っている人間が、Windows機を使い始めると連携させるときに微妙なストレスを感じてしまい常用していくのは厳しいということですね。