iPhone SEを約2年間使用してきてのレビュー、iPhone Xと比較して感じる良さ

iPhone

iPhone Xを2016年の4月に購入してから、もうそろそろ2年が経とうとしています。(快挙!

毎月の様にスマホを買い、使わないスマホは積極的に処分する筆者ではありますが、そんな中で紛いなりにも2年間持ち続けたスマートフォンになりそうです。

今回はiPhone SE(2)などと呼ばれるスマホの情報が噂される中、iPhone SEの良かった所や悪かった所、次期モデルに期待したいところなどを紹介して行きたいと思います。

あれ、この性能もう一年行けそう


数年前のスマホは「この性能なら2年戦える(笑)」でしたが、iPhone SEは実際に2年間戦えました。しかも最近感じているのが「この性能ならもうあと1年、もしかしたら2年は快適に使えそうでは?」というもの。確かに最新のiPhone Xなどに比べると性能は雲泥の差ですが、Twitterやブラウジング、スクフェスするのにもストレスを感じない点は素晴らしいですね。

iPhone 3GSや4などの時代とは異なりSoCの性能が一定のレベルまで達し、成熟してきている意味してるのかもしれません。

カメラも良いけど?

カメラ
左:iPhone X、右iPhone SE

カメラに関しては現時点でも十分使えますが、やっぱり見劣りはしてしまいます。体感ではここ2年でSoCの性能よりもカメラの画質向上の方が大きく感じています。それでも、カメラとしては良く安定した画質で撮影できると思いますが。

Touch IDに関しては第2世代が良かった

iPhone SEで一番不満に感じているのがTouchID。iPhone 6sなどとはことなりiPhone 5sなどと同様の第一世代のものが使われています。

認証速度は遅くないし、指が乾燥してれば問題ないのですが、手汗を掻くとミスが増えるのが残念なところ。

圧倒的にコンパクト

iPhone X SE
4インチという画面サイズ、iPhone 5ででた当初はえらく大きくなった印象がありましたが、今ではすっかりコンパクトモデルに。手に持ったときに左上まで指が届いて、安定して片手操作ができるのはXよりも魅力。

最近はiPhone Xの様にベゼルを減らして画面サイズを大きくなる傾向にありますが、それに伴って本体サイズが大きくなる印象があります。次期モデルでベゼルレス化するなら、本体の寸法はあまり変わらず、大画面化してほしいもの。

新しいコンパクトモデルに期待

iPhone SEの発売から2年。発売当初から一度も手放すことなく、長い間使い続けたスマートフォン。バッテリーを交換したりなどして使い続けることはできそうですが、カメラや指紋センサー、Apple Pay(Felica)が使えないことにiPhone Xから見劣りする点も幾つか見受けられます。

デザインが変わらなくてもいいですし最新のA11でなくてもいいので、新しいモデルが今年中にでも出てきてくれたら嬉しいですね。