似ていても全く違う1万円と3万円の椅子、「オカムラ オフィスチェア ビラージュ」レビュー

「たかが椅子、されど椅子。」

これまで使ってきた約1万円のイトーキ サリダチェアから3万円のオカムラ ビラージュに買い替えました。

デザインが似ていても座り心地はまったくの別物でした…

オカムラのビラージュにした理由

今回椅子を選ぶに当たって樹にしたポイントは以下の2点

  • 3万円前後
  • 肘置きがついているorつけられる
  • デザインがかっこいい

とりあえずこんな条件に当てはまる椅子を探した所、オカムラのビラージュがヒット。レビューの評価も良かったため購入することにしました。

1万円の椅子と具体的に何が違うか

クッションの座りやすさ

オカムラ ビラージュ
まず違ったのがクッションの座り心地。サリダチェアも悪くはなかったものの、ビラージュはそれを上回る良さ。柔らかさがありお尻を包み込んでくれ、適度なクッション性を保って体をサポートしてくれます。

レバーの操作しやすさ

オカムラ ビラージュ
これはメーカーによる差かもしれませんが、椅子の背もたれの調節がレバーでできるのがビラージュの利点。レバーを一押しして背もたれの位置を調節できるので便利です。

背もたれを含めた全体的な座り心地

オカムラ ビラージュ
持たれ込んだときの方のサポート具合やどかっともたれかかったときの安定感などどれを持ってもワンランク上でしたね。

毎日座るからこそ妥協してはいけない

オカムラ ビラージュ
「たかが椅子、されど椅子。」安いものを探せば5000円でも買えてしまう今日このごろ。そういったものも悪くはありませんが、毎日座って作業するからこそこだわりたい所。

椅子一つで、作業や勉強しているときの快適さは格段に変わります、背筋も伸ばしやすくなります。3万円のオフィスチェアに買い替えてみて、やっぱり妥協してはいけないポイントだと確信させられました。