約3000円!一人暮らしに最適!手入れが簡単な「AngLink 珪藻土バスマット」レビュー

AngLink 珪藻土バスマット

3000円で手入れ不要に惹かれる。

Twitterや他の人のブログなどを見ていると最近流行りな「AngLink 珪藻土バスマット」を購入してみたのでレビューしてみます。

パッケージは店にありそうな感じ

AngLink 珪藻土バスマット
パッケージは店頭にも並んでいそうなデザイン。
AngLink 珪藻土バスマット
箱の中には説明書や吸水力が落ちたときにヤスリがけするための紙やすりが入っています。iPhone Xはサイズの比較用に置いてみました。

サイズはそこそこ大きいので成人男性が使っても問題なかったです。
AngLink 珪藻土バスマット
本体の右下にはAngLinkのロゴが入ってはいますがそこまで目立ちません。

ありえない吸収力

AngLink 珪藻土バスマット
風呂場前に置いて実際に使ってみたのが上の写真。足を載せた直後はしっかり跡が残っていますが、数分経つと跡形もなく水分はなくなっており、下に染み出してることもありませんでした。

かんたんな手入れ

AngLink 珪藻土バスマット
手入れとしては夏なら週一回、冬は1週間に2回くらい乾燥させるぐらいで、あとは吸水力が悪くなったときに付属の紙ヤスリで削るくらい。布製のバスマットだと、ある一定の間隔で洗濯して干してという手間が掛かりますが、こちらはお手軽。

カビ・ダニ・臭い対策にも

AngLink 珪藻土バスマット
ダニやカビが発生しにくく、臭いを吸着してくれるのもポイント。

手入れが簡単で一人暮らしに最適

一人暮らしをしているとバタバタしていて、中々こういったところのお手入れはサボりがち。

珪藻土バスマットは洗濯したりする手間がなく、定期的に干しておくだけで使用できるのがポイント。吸水力も高く前の人が使用した後濡れているということもないので、普段使っていても繊維製のバスマットよりも快適です。