【レビュー】Surface ProやBook向けMicrosoft純正「65W 電源アタプター」、オフィスや学校用に!

65W アダプター

Surface Pro 4を持ち運ぶ頻度が増えてきて、充電器も持ち運ぶ回数が増えてきたので新たにMicrosoftが販売している「65W 電源アタプター」を購入してみました。

65W 電源アダプター開封

65W アダプター
パッケージには充電器本体の画像がプリントされています。Microsoftの公式ページには全くケーブルの先の画像しかなくどんなデザインかわからなかったのが箱ではわかる様になっています。

ちなみにPro 4だけでなく2017年モデルのSurface ProやSruface Bookでも利用可能。
65W 電源アダプター
中にはメガネケーブルと充電器が分けて入ってありました。

Pro4付属の充電器と比較

左がPro 4

Windows搭載PCに良く貼られているWindowsシールがある方がもともとPro 4に付属していた36W(36W)充電器。
仕様など(左がPro 4)

左がPro 4

ちなみに充電器のサイズ自体は65Wの方が少し大きく、重量も少し重め。筆者は65Wを置いておいて、元々付属していたほうをカバンに入れて持ち運んでいます。

どちらもUSBを充電するためのポートが備わっており、スマートフォンなどを充電することが可能になっています。

サードパーティ製もあるが純正をおすすめ


少し厄介なのがMicrosoft純正という所にこだわらなければ、安いものであれば3-4000円程度で同程度の出力を持っているものが買えてしまいます。ですが、筆者は純正アダプターの購入を強くおすすめします。

おそらくサードパーティ製のものも問題なく利用できるとは思いますが、何か問題が起きてしまうかもしれません。今数千円分の節約にはなりますがそこをケチった結果本体が故障しては元も子もないので純正アダプターの方が良いと思っています。