何に出資するか悩んだ結果、万年筆「TIMAZE: TTi-110 Bamboo Fountain Pen」にKickstarterで出資した

TIMAZE: TTi-110 Bamboo Fountain Pen

KickstarterかIndiegogoでなにか出資してものを手に入れたいなと思っていた所、ちょうど万年筆プロジェクト「TIMAZE: TTi-110 Bamboo Fountain Pen」を見つけたので出資してみることにしました。

実は以前出資を計画していた

[blogcard url=”http://kinakopan.com/blog/2017/09/14/aqua-plus-kickstarter/”]
実は以前「AQUA+」というBluetoothオーディオレシーバーに出資をしようとして、結局しなかったことがあります。これに関しては、似たような製品を既に持っていたことと、実際届いたとしても使うかわからなかったという経緯があります。

ちなみにNEXUMのワイヤレスオーディオレシーバー「AQUA+」は国内でも販売開始されており、Amazonやeイヤホンなどで取り扱ってたりします。

プロジェクト元に頼らなくてもいい製品が欲しい

とりあえずクラウドファンディングで出資するにあたり、故障した際に製造元に頼らなければいけないガジェット類に関してはなるべく避ける用にすることに。(GPD Pocketなど国内販売されているものはサポートが受けやすい製品だとは思います。)

あと、折角なのでデザイン性が高く長く利用する事のでき、日常生活に彩りを加えてくれそうなプロダクト、オブジェや万年筆、カバンなどをメインに検討し出資することに決めました。

そんな中、個人的に気になったのは以下の3つ

The Trance Copper Sphere

The Trance Copper Sphere
“The Trance Copper Sphere”と言われるオブジェクト。これは実用度度外視で単純に机の上においたら綺麗だし面白そうだと言うのが理由。
[blogcard url=”https://www.indiegogo.com/products/the-trance-copper-sphere”]

KOSMOS ink – Magnetic Fountain Pen


今度はstilformというメーカーの万年筆”KOSMOS ink – Magnetic Fountain Pen”。以前ボールペンのプロジェクトを行っており、カチッといったマグネットを利用したキャップが魅力的。デザインもシンプルで非常に魅力的ではありました。
[blogcard url=”https://www.indiegogo.com/projects/kosmos-ink-magnetic-fountain-pen#/”]

結局選んだのは「TIMAZE: TTi-110 Bamboo Fountain Pen」

TIMAZE: TTi-110 Bamboo Fountain Pen
結局出資したのはTIMAZEの”TTi-110 Bamboo Fountain Pen”という万年筆。
TTi-110 Bamboo Fountain Pen
上のstilformのものとどちらにするか、最後まで悩みました。以前にプロジェクトを成功させボールペンを販売開始しているstilformも成功する可能性が高そうで、コストは65ユーロ(約8,647円)。

一方、TIMAZEはチタン製のセンスを作成したりボールペンを作ったりもしている模様、コストは安く約7,835円から。デザインに関しても「竹」をイメージして作られているというコンセプトもあり、日常ではなかなか見かけられないデザインであり、普段頻繁に万年筆を利用する筆者にとってはこちらの希少性に惹かれたので出資してみました。

ちなみにニブはF/Mの2種類から、Aluminumモデルはグレー・ブラック・ゴールド・レッド・ブルーの5色でニブはシルバー。Copperモデルは1色でニブはゴールド、ちなみに酸化して色が経年変化するようです。

出資したのはAluminumモデルで送料込み8,706円。ニブはFにする予定。

プロジェクト出資の締切は10月12日。10月中には発送されるとのことで今から到着が非常に楽しみです。(もちろん成功しない場合もあるので注意は必要です。)

Source:Kickstarter