普通の人は「YouTube Premium」を契約すべきか

普通の人にとって、YouTube Premiumは必要なのかどうかを検討してみました。これまで広告ありで利用できてきたものにわざわざ有料会員になる必要があるのか検討してみました

機能とか価格とか

  • 広告無し
  • バックグラウンド再
  • オフライン再生
  • YouTube Music Premium
  • YouTube Originals
  • Google Play Music
プラン 価格
YouTube Music Premium 980円
YouTube Premium 1,180円
YouTube Premium ファミリー 1,780円

YouTube Musicは音楽メインのサービス。広告表示ありの利用の場合は無料。ちなみにGoogle Play Musicに加入していると、どちらもPremiumで利用することができます。

YouTube Premiumは音楽だけでなく動画も含まれており上記の機能を全て利用することが可能に。

正直微妙な理由

住み分けが分かりづらい

YouTube premium

分かりにくいのがGoogle Play MusicとYouTube Music、YouTube Premiumの住み分け。有料会員になればどちらも利用はできますが、リスニングメインのPlay Musicと、MVなどもあるYouTube Musicのコンテンツといった印象。

似たような機能のサービスがあるのは少し分かりにくいですね。

NetflixやPrimeビデオほどのコンテンツ?

お金を払えばYouTube OriginalやPlay Musicなど諸々の動画音楽サービスが利用できる点は魅力ですが、ほかの動画配信サービスに匹敵する価値があるかは未知数ですね。

約1200円で広告なしは魅力か?

筆者にとってYouTubeは勉強など学習で利用するのではなく、あくまで暇つぶし程度にコンテンツを楽しむサービス。

面白動画や実況動画、ものつくりの動画を見たりなど、意義のある娯楽ではなく所詮暇つぶし。生産的な活動をする時間を奪うもののため、有料会員になるかは懐疑的。

一方で普段からYouTubeを頻繁に利用していて、日常生活の娯楽として他の有料動画配信サービスのように利用しているのであれば、広告を消すために有料会員になる価値はありそうです。

人間何個ものサービスの会員にはなれない

個人的にYouTubeがどういった立ち位置に入ってくるかが、1,180円を払うかどうかの基準になりそうなところ。これまでプライムビデオなど他のサービスを利用していている人は様子見が良さそう。(広告ありなら無料で見れますし)

一方、どのサービスも利用したことがなく、音楽配信と動画配信がセットで利用できるというところにメリットを見いだせるなら契約する価値はありそうです。

正直な所、お金持ちでない限り、何個も有料サービスの会員になるのは難しいですねよね。例えば、YouTube Premium会員を一年続けると約1.4万円、似たような価格の配信サービスに入っていると単純に倍で約2.8万円。

それ以外にもKindle Unlimited、 Switch Onlineなどにも色々入っていくとトータル5万円10万円となることも。自分のおさいふとの相談にはなりますが、会員になるサービスの吟味は今後大切になりそうですね。

Source:YouTube