バッテリー持ちが良くなった「Nintendo Switch」が登場!価格はそのまま、購入の際はパッケージに注意

Nintendo Switch ガジェット

任天堂は、バッテリー持ちを改善した新しい「Nintendo Switch」を発表しました。値段は据え置き29,980円(税抜)で、発売日は8月下旬からとなっています。

スポンサーリンク

バッテリー持ちの変化

Nintendo Switch
画像の左上が、新モデルの駆動時間、左下が旧モデル、右がSwitch Liteになっています。2-2.5時間ほど長くなり、4.5時間から9時間ほどプレイすることが可能に。機能や本体サイズなどに変化はありませんが、内部の変更によってバッテリー持ちが良くなっているようです。
プレイするゲームや画面の明るさなどによっても変化するとは思いますが、旧モデルでは短すぎて外出先で使いづらかったのですが、このアップグレードにより持ち出したときの使いやすさが上がっています。

筆者の利用しているSwitchは基本的に家専用で、持ち出すことはなかったのですが、11月には

購入する際にはパッケージに注目

Nintendo Switch
新しいモデルを購入する際には、パッケージに注目する必要があります。上の画像の左の2つが新モデル、右2つが旧モデルです。全体的に赤色の面積が増えているので見分けやすいとは思います。家電量販店の店頭で新品を買う際にはそれほど心配ないかもしれませんが、中古で購入する際にはちゃんと新モデルが欲しい人はパッケージに注意しておく必要がありそうです。

ポケモン発売前に買い替えもありかも

現在持っているSwitchは基本家用で持ち出すこと無く、据え置き状態なのですが、11月15日には新しいポケモンのソフトが発売予定で、持ち出す機会が増えそうなので悩みどころ。

特に、持ち運び専用として、先日発表されたSwitch Liteを買おうかと考えていた矢先に、新しくバッテリーの持ちが良くなったSwitchが発売されることが決まりました。一般的な家庭で複数人がゲームをするために買い足すのであれば、コンパクトなLiteが向いていますが、筆者の場合一人でしか使わないのでLiteではなく現状のSwitchから新しいSwitchに”スイッチ”するのもいい考えだなと思いました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました