【2020年版】Chromebook にRやRStudio Serverをインストールする方法、tidyverse/devtoolsについても

Pixelbook Goガジェット

Chromebook 上でLinux仮想マシンを使う事のできるCrosinitiを使うとRやRStudioを導入可能。ただしRStudioに関しては、デスクトップアプリケーションに関しては1.1以前しか起動せず新しいバージョンは起動しません。

そのためこれまでは、Docker上でRStudio Serverのイメージを立ち上げる方法を紹介していました。しかし、二重に仮想マシンを立ち上げるのはリソース的にもあまり良くと思われるので、新たにCrostini上に直にRStudio Serverをインストールしてみたところうまく動作したので、方法を紹介していきます。

Chromebook(Chrome OS)にRやRStudioを追加する方法
普段からデータ分析などでRというかRStudioを利用しているのですが、Chrome OSでLinu...
Chromebook(Chrome OS)でRとRStudioを使う(その2)、起動しない・パッケージインストールできない問題を解決
Chromebook(Chrome OS)でLinux仮想マシンを動かす機能Crositiniを使っ...
スポンサーリンク

Rのインストール

Debian 10にRをインストールする方法

Crostimiを導入済みで、ターミナルが立ち上げられる前提で話を進めて行きます。Pixelbook Goはバージョン83で、起動するLinuxはDebian 10でした。

sudo apt install dirmngr --install-recommends
sudo apt install software-properties-common #add-apt-repositoryコマンドが利用できない場合に使用
sudo apt install apt-transport-https

外部リポジトリを追加できるようにするツールなどをインストール。

sudo apt-key adv --keyserver keys.gnupg.net --recv-key 'E19F5F87128899B192B1A2C2AD5F960A256A04AF'
sudo add-apt-repository 'deb http://cloud.r-project.org/bin/linux/debian buster-cran40/' #最後をcran40にするとR 4.0, cran35にすると3.6がインストールされます。
sudo apt update
sudo apt install r-base

ここまで来るとR自体のインストール完了します。add-apt-repositoryの最後のcran40は自分の使用したいバージョンに応じて変えましょう。

RStudio Serverのインストール

Download RStudio Server for Debian & Ubuntu
Download RStudio Server for Debian & Ubuntu Prerequisites RStudio Server requires Debian version 8 (or higher) or Ubuntu version 16.04 (or higher). Installing R...

RStudioの公式の記事を参考に紹介していきます。

sudo apt-get install gdebi-core
wget https://download2.rstudio.org/server/bionic/amd64/rstudio-server-1.3.959-amd64.deb
gpg --keyserver keys.gnupg.net --recv-keys 3F32EE77E331692F
sudo gdebi rstudio-server-1.3.959-amd64.deb

公式だと3行目は、別ページに書かれているのですが、3行目を飛ばしてインストールしたらエラーが出て、GPGキーを得る作業を行ってから再度4行目を実行すると無事インストールできました。

RStudio Serverへはhttps://localhost:8787でアクセスできます。

tidyverse, devtools, CmdStanRのインストール

sudo apt-get install libcurl4-openssl-dev libssl-dev libxml2-dev build-essential g++
sudo apt update
sudo apt upgrade

上記のコマンドを実行して必要なものをインストールするとRStudio上でdevtoolsなどがインストール可能になります。

重要:パスワードの設定

sudo passwd (ユーザー名)

別にユーザーを設定する人もいますが、ローカルとのファイルのやり取りができなくなってしまい面倒に。上記のコマンドを入力して、Crostiniを使う際に設定したユーザー名にパスワードを設定する必要があります。上記のコマンドを実行するとパスワードの設定を求められ、これがローカルでRStudio ServerのログインIDとパスワードになります。

デフォルトのユーザーでログインするとRStudio上で、Linuxファイルにアクセスできます。

運用法

sudo rstudio-server start #起動
sudo rstudio-server stop #終了

基本的にターミナルを1度起動すれば、RStudio Serverへはhttps://localhost:8787でアクセスできます。ログインIDはデフォルトのユーザー名、パスワードは上で設定したものになります。

Start/Stopのコマンドで起動停止ができます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました