【レビュー】4,000円で1BA+1DD搭載の左右独立型ワイヤレスイヤホン(TWS)「KZ S1」レビュー

KZ S1レビュー

高音質な左右独立型ワイヤレスイヤホンを探していた所、1バランスド・アーマチュア(BA)+1ハイブリッドドライバー(DD)搭載していながらも、4,000円で購入できる「KZ S1」を見つけたので購入してみました。機能的にはBluetooth 5.0に対応していたり、ハウジングにタッチセンサーを内蔵しており、再生停止などの操作も可能です。

以前レビューした4BA+1DDながら約5000円の有線イヤホンと同じメーカーで、コストパフォーマンスと音質がかなり期待できるモデルになっています。

スポンサーリンク

パッケージ

KZ S1
パッケージは非常にコンパクトで、手のひらサイズ。購入した本体カラーと同色の商品がプリントされています。

KZ S1

外観

KZ S1

KZ S1

今回購入したカラーは、KZ S1でもグリーンのモデル。1BA+1DDのKZ S1はグリーンとグレー、1DDのKZ S1Dはホワイトとブラックの2色展開。Amazonでは同じ商品ページで販売されているので購入する際は注意が必要。イヤホン本体はクオリティが高いのですが、ケースは少し安っぽいプラスチック感があります。ヒンジなど立て付けは悪くはありません。

開口部が広いため、ケースからイヤホンを取り出したり収納したりするのは簡単。

KZ S1
ちょっとした残念な所としては、充電端子がMicroUSBである点。この点に関しては後継モデルのKZ S2では改善されています。

KZ S1
iPhone XS(5.8インチ)と本体サイズの比較。手のひらに収まるくらいの小ささで、尻ポケットなどにもしまっておけます。

KZ S1
イヤホンのサイズ感はそれほど大きくはなく、形状に関しても耳にフィットする形になっています。イヤホン本体の外観に関しては天板には艶があり、質感はほどほどに良いですね、形がユニバーサルIEMっぽい形になっていることがあり、遮音性も比較的あります。

イヤーピースは注意

KZ S1
イヤーピースに関しては注意が必要で、いわゆる有線イヤホンに使用されることの多い管の長いものを装着することは可能ですが、それによりケースの蓋が閉まらなくなります。付属のもの以外に交換するのであれば、TWS用で用いられることのある浅めのものを用意する必要があるでしょう。

音質

KZ S1
KZ S1の音質は、ドンシャリというよりは中高音域に重きをおいた音質で、全体的に明瞭感があります。音の広がりや低音のパワー感はダイナミックドライバーのイヤホンと比べると劣りますが、解像感は上で、非常にクリアで抜けの良いサウンド。

筆者自身がBAをたくさん積んでいるイヤホンを好む傾向にあることも影響しているとは思いますが、今まで聴いた左右独立型イヤホンの中で、それらに非常に近くかなり満足しています。

接続安定性

KZ S1
接続安定性に関しては、非常に良好。人がたくさんいる大阪の梅田駅でも、ほとんど途切れることなく利用可能です。時たま切れてしまうことがありますが、1秒も立たないうちに復活するのでそれほど不満を感じることはありません。感覚的には、AirPods Proなどと比べると少し劣るかなという印象はありますが、価格などを考えると十分と言えるでしょう。

総評:買う価値あり、後継モデルにも期待したい

KZ S1
ケースの質感やMicroUSBであることには少し不満が残るものの、1BA+1DDを搭載する左右独立型ワイヤレスイヤホン(TWS)の中ではかなり音質が良いですね。音質の良さやイヤホン本体のクオリティは4,000円という安さ抜きに、おすすめできるほど。

筆者の感想としては、現状音質に関してはこれで満足ですし、AirPodsシリーズやノイズキャンセル機能を搭載などなにか特筆した機能を必要としない場合には、あまり有名なメーカーではありませんが、この製品も購入候補に入れる価値がありますね。「KZ」は有線イヤホンで「KZ ZS10 Pro」の様に5,000円で多ドラのイヤホンを出していることもあり、今後のTWSの展開にも期待が持てます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました