Kindle Scribeは、新しいE-inkディスプレイらしい:300ppiで10.3インチの大きさ

Kindle ScribeKindle

Kindle Scribeには、どうやら新しいE-Inkディスプレイが採用されているようです。

スポンサーリンク

10.3インチサイズでも、300ppiの領域へ

Kindle Scribe
Kindle Scribeは、10.3インチのタブレットとして現時点では唯一の300ppiのディスプレイを搭載しています。Kobo ElipsaやQuaderno、MatePad Paperなど、ほとんどの10.3インチE-Inkタブレットは227ppiであることからも、いかに大きな違いかはわかると思います。

7.8インチの電子ペーパータブレットでは、E-InkだとBOOX Note 3やAir、DESだとTopjoy Butterflyがモノクロで300ppiを実現していました。

ちなみに、iPad Pro 11/12.9でも264ppiであることを考えると、Kindle Scribeのディスプレイがかなり高精細です。

300ppiのE-InkはしばらくKindle Scribe独占?

Kindle Scribe PDFへの書き込み
E-InkがGood e-Readerへ出した公式声明によると、Kindle ScribeにはE-Inkが新たに提供する高精細なTFTが採用されており、一定期間はAmazonが独占するとのこと。

Good e-Readerの想定では1年契約を想定しており、他社の10.3インチのE-Inkタブレットに、300ppiのディスプレイが搭載されるのは、2023年末以降になりそうだと想定しています。

300ppiの魅力は、手書きの精細さ

BOOX Nova Air
ディスプレイの解像度が上がり、ppiが高くなることのメリットは、手書きの精細さが増すことです。最近、7.8インチで300ppiのBOOX Nova Airで実感したことですが、高精細であることで、明らか10.3インチで227ppiのMatePad Paperよりも小さい文字が書きやすくなっています。

もちろん、電子書籍やWebサイトなどが見やすくなる、視認性のメリットもあります。

しばらくは、10.3インチで快適な手書きノートを体験するなら、しばらくは「Kindle Scribe」一択という時期が続くかもしれません。



Source: Good e-Reader

コメント