【レビュー】HPのオシャレ・高コスパノートPC「ENVY x360 13」、デザイン・質感は最高!ハードな利用には注意

ENVY x360 13レビュー

HP(ヒューレット・パッカード)が販売している「ENVY x360 13」をしばらく使用してみたのでレビューします。

今回レビューするのはRyzen 5 2500U/RAM 8GB/SSD 256GBモデルで、現行モデルの一世代前のモデルになります。現行モデルとは基本的な部分は殆ど共通になっており、これから買おうという人にも参考になると思います。

スポンサーリンク

ENVY x360 13の良いところ

おしゃれなデザイン

ENVY x360 13
天板にはおしゃれなHPのロゴ。廉価モデルで使われている丸ロゴよりもこっちの方が絶対かっこいいですね。

ENVY x360 13

左側面

ENVY x360 13

右側面

左側面には、USB -A、イヤホンジャック、電源ボタン、MicroSDスロット。右側面には充電ポート、USB-A、USB Type-C(充電可能)、ボリュームボタンがあります。

デザインとしてはフラットで薄型。手に持って持ち運ぶのもやりやすくなっています。

ENVY x360 13

とてもかっこいいですね。かなり好きなデザインです。

 

ディスプレイは美しい・スピーカーもGood

ENVY x360 13

非常にきれいなフルHD・IPSの美しいディスプレイ。ディスプレイは一面ガラスになっており、フレームが飛び出していないのでデザイン的にもおしゃれ。アンチグレアではないため反射はありますが、普段使用していて気になることはないですね。

ENVY x360 13

スピーカーに関しても、キーボード面の上部と、底面に2つずつ、計4つあり、Bang & Olufsenとコラボしているためか、音質は良好。音に籠もり等も感じられずクリアかつ迫力あるサウンドで、音楽鑑賞から動画視聴、英語などのリスニング音源を聞くのにも向いています。

静かな打鍵感・打ちやすいキーボード

ENVY x360 13
キーボードに関しては、打鍵音は小さめ、キーサイズも適度に大きく、しっかり沈み込むため、長時間タイピングしても大丈夫。

ただ、配列に関しては、一番右に一列”Home”や”Pg Up”などが用意されており変則的。タイプミスを頻繁に起こすほどか?と言われればそうでもなく、この記事を書く際にも他のノートPCと変わらず利用できています。バックライトもあるので、薄暗い場所でも気にせず使用することができます。

ENVY x360 13
トラックパッドは、ほどほどの大きさ、比較的手の大きな筆者でも4本指のジェスチャーでウィンドウを切り替えられるレベルには広いですね。

ENVY x360 13気になったところ

長時間のハードな利用には向かない

ENVY x360 13
一番気になった点としては、スペックは高いもののハードな利用には向いていない点があります。短時間の間にちょっとした負荷をかける程度であれば、問題ありませんが、1, 2時間かかる分析を回すとなると、排熱の問題でCPUにサーマルスロットリングが掛かかり1.5GHzくらいのクロックで固定されてしまいます。クロック自体が落ちて性能は下がるので、分析に時間は掛かります。

ただ、カクつくことはなく、裏でZoom会議をしても落ちるなどといった問題はなかったですね。

HP ENVY x360 13の実機レビュー - the比較
Ryzenプロセッサーを搭載し価格を抑えた2 in 1 PC、HP ENVY x360 13の実機レビュー。アルミニウムの削り出しボディを採用し、見た目が美しい。セラミックホワイトカラーとWood Editionを新たに追加。

Ryzen 7 3700U搭載の現行モデルでも同様の問題はある模様。ブログ執筆や、写真編集、WordなどのOfficeソフトなどでは性能を遺憾なく発揮しますが、動画編集や計算処理などをする場合には注意が必要です。それを頻繁にしない場合は全く問題ありません。

タブは×・シェアは○

ENVY x360 13
折り返してタブレットスタイルで利用できますが、1.3kgもあるので、何気なくタブレットとして電子書籍や論文を読むのには向いていないですね。ただテーブルに集まってENVY x360 13を囲みながら、みんなで動画やマップの情報を共有したり、別売りのスタイラスを使うといった用途なら良さそうです。

バッテリー持ち

ENVY x360 13
バッテリーの持ちに関しても少し注意が必要。使用方法や設定にもよりますが、ブログ執筆等で使用した場合、大体6時間程度のバッテリー持ちですね。使い方によっては前後するとは思いますが、このサイズのノートPCとしては少し悪い様に思えます。

ただ、付属の充電器だけではなく、USB Type-C充電器による充電が可能。W数が大きめのものさえ一つ持っていれば、スマホや他の製品などにも使え、荷物が少なくて済むのは良い点ですね。

概ねストレスフリーなノートPC

ENVY x360 13
このENVY x360 13をブログ執筆や画像編集、レポート作成、データ分析等に利用してきましたが、ディスプレイ、キーボード、トラックパッド・動作面で、大きなストレスを感じることはなく、ヘビーな分析以外に関してはストレスなく利用できていました。持ち運びにも比較的優れた、かなり良いノートパソコンだと思います。

大学生や普通の人が4年間使っていくノートパソコンとしては、モデルは色々ありますが、真ん中のRyzen 5だと84,150円で購入可能でスペックとコストのバランスが取れています。より上位モデルのSpectreシリーズもありますが、筐体のクオリティやデザインなどベースとなる部分に関しては負けず劣らずのレベルのクオリティ。所有欲を満たしてくれ、デザイン性が優れているので、大学でもカフェで使ってもスタイリッシュで、おすすめです。



Source:HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました