「iOS 14/iPadOS 14/tvOS 14」のパブリックベータ版の配信開始、それぞれの対応デバイス一覧まとめ

iOS 14 Public Betaニュース

本日より「iOS 14/iPadOS 14/tvOS 14」のパブリックベータ版の配信開始されました。デベロッパーでなくても、Apple IDとデバイスを登録さえすれば、一般のユーザーでも利用できるようになります。

macOS Big SurとwatchOS 7などはまだ配信されていません。

スポンサーリンク

パブリックベータの参加方法

Apple Beta Software Program

  1. Apple Beta Software Prgramのサイトにアクセス
  2. Apple IDを登録
  3. デバイスを登録・アップデートが降ってくる

参加方法としてはApple IDとデバイスの登録の2点。Apple IDを登録したら所有しているデバイス全てにベータ版が配信されるのではなく、その中でも登録したデバイスにしか配信されないので、使わなくなったiPhoneやiPad等に入れて試すことができます。

Apple Beta Software Prgramのサイトへ

追記:筆者の手元のiPhone SEにインストールしてみましたが、アップデートの検証でエラーが出て更新できなかったため、初期化の上インストールしました。

対応するデバイス

iOS 14

  • A13: iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max, iPhone SE(第2世代)
  • A12: iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone XR
  • A11: iPhone X, iPhone 8, iPhone 8 Plus
  • A10: iPhone 7, iPhone 7 Plus
  • A9: iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE(第1世代)
  • A10: iPod touch(第7世代)

iOS 14に対応するのはA9を搭載しているiPhone 6s世代以降の製品になっており、iPhone SEも対象になります。

iPadOS 14

  • A12Z: 12.9インチiPad Pro(第4世代), 11インチiPad Pro(第2世代)
  • A12X: 12.9インチiPad Pro(第3世代), 11インチiPad Pro(第1世代)
  • A12: iPad Air(第3世代), iPad mini(第5世代)
  • A10X: 12.9インチiPad Pro(第2世代), 10.5インチiPad Pro
  • A9X: 12.9インチiPad Pro(第1世代), 9.7インチiPad Pro
  • A10: iPad(第6世代), iPad(第7世代)
  • A9: iPad(第5世代)
  • A8X: iPad Air 2
  • A8: iPad mini 4

一番の驚きがiPad Air 2がiPadOS 14の対象になっている点。2014年のiOS 8からなので6回のメジャーアップデートが来ており、これまで5回程度で打ち切られていたのに対し慣例とは異なります。おそらく、これを対象外にしてしまうと、4回のアップデートを受けているiPad mini 4を切らざるを得なくなるという理由もあったのだと思います。

【2020年5月版】次のアップデート打ち切られそうな「iPad」リスト、iPad OS 13対応で買うべきでないiPadは?
これからiPadを新たに買おうと思っている人や買い換えようと思っている人向けに、新品・中古問わず最新...

tv0S 14

  • A10X: Apple TV 4K

現時点で確実に対応するデバイスはA10Xを搭載しているApple TV 4Kは、製品ページに新しいtvOS 14についての記載があるので確実に対応します。Apple TVに関してはApple TV 4Kまで5世代分登場していますが、第3世代モデルはSoCがA5と2011年のiPhone 4Sと同世代。現在4Kモデルと併売されているApple TV HDは実質第4世代モデルでSoCにはA8を搭載、ただ2015年10月末とかに登場したデバイスなので、打ち切られる可能性が高そうです(4Kと4000円しか価格差がないですし)。


created by Rinker
Apple(アップル)
¥58,080(2020/10/26 23:17:08時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました