14インチ・1.15kgの最上位モデル「ASUS Chromebook Flip C436FA」、ハイエンドである価値は?

ASUS Chromebook Flip C436FAパソコンのニュース

ASUSは10月26日、日本市場向けに最上位モデルとなる「Chromebook Flip C436FA」を発表しました。14インチサイズながら1.15kgと軽量な他、第10世代Core i3~7を搭載するなど性能も非常に高め。

この記事ではChromebook Flip C436FAの特徴や気になるポイント、ハイエンドChromebookを購入する価値などを紹介していきます。

スポンサーリンク

ASUS Chromebook Flip C436FAのスペック

製品名Chromebook Flip C436FA
モデルC436FA-E10162C436FA-E10068C436FA-E10161
OSChrome OS
CPUCore i3-10110U
(2コア4スレッド)
Core i5-10210U
(4コア8スレッド)
Core i7-10510U
(4コア8スレッド)
RAM8GB16GB
ストレージ128GB(PCIe 3.0×2)256GB(PCIe 3.0×2)512GB(PCIe 3.0×2)
ディスプレイ14.0インチ、フルHD(1920×1080)
インカメラ92万画素Webカメラ内蔵
バッテリー容量リチウムイオンバッテリ (3セル)
バッテリー駆動時間11.8時間
ネットワークWi-Fi 6(802.11a/b/g/n/ac/ax), Bluetooth5.0
サイズ・重量319.5 x 208 x 13.76 mm
重量1.15kg
スピーカークアッドスピーカー内蔵 (1W×2、1W×2)
カラーエアロジェルホワイト
スタイラスペンASUS USI Pen
その他指紋認証、USB3.1(Type-C/Gen1) ×2
日本語キーボード

モデル展開としては、Core i3/8GB/128GB、Core i5/8GB/256GB、Core i7/16GB/512GBの3モデル展開、それ以外の性能に関しては、どのモデルも共通しており、海外版と違い4096段階の筆圧検知に対応したASUS USI Penが付属するのも魅力。

Wi-Fi6に対応したり、指紋認証もあり、クアッドスピーカーを搭載するなど、細部の機能も充実しています。

ASUS Chromebook Flip C436FAの価格

モデルASUS USI PenASUS公式価格Amazon価格
Core i3/8GB/128GB119,800円107,820円
Core i5/8GB/256GB149,800円134,820円
Core i7/16GB/512GB169,800円152,820円
Core i3/8GB/128GB×114,800円
Core i7/16GB/512GB(USキー)169,800円

税込を考慮した最安価格は、Core i3モデルの10.7万円が最安となっています。Core i7の最上位モデルで15万円程度となっています。

欲しいポイント

デザイン

ASUS Chromebook Flip C436FA
本体はフルメタルボディで質感も良さそうな上に、デザインが良いだけではなく人間工学にも基づいています。本体と天板の縁にはV字カットされており美しさと天板の開けやすさの両立も。

ASUS Chromebook Flip C436FA
カラーについても、エアロジェルホワイトは”ただのホワイト”と異なり、見る角度によってホワイトからブルーに、そしてパープル、レッド、ピンクへと微妙に色が変化すると言われており、これは是非実機で確認したい所。

[かぶ] ASUS Chromebook Flip C436FAレビュー。国内版を強く待ち望むあまり、発表から半年、私が珍しく海外モデルの個人輸入に至れなかったモデル。[PR]
2020年10月26日(月)、ASUS JAPANは今年初めのCES2020で発表された同社Chromeboo…
「ASUS Chromebook Flip C436FA」の日本モデルをレビュー!これぞ最高峰の1台、もっと早くに出ていれば…
ついに国内でもハイエンドのChromebook「ASUS Chromebook Flip C436FA」が発表されました。海外では今年の1月に発表され3月頃から販売されているわけですが、そこからおよそ半年でリリースされたわけなので、これまで

既にレビューが公開されており、実機の感覚を掴むのであれば参考になります。

サイズと重量

ASUS Chromebook Flip C436FA
ディスプレイは14インチサイズなのにも関わらず、大きさは13インチサイズ。重量に関しても1.15kgと13~14インチのノートPCとしては非常に軽くなっています。MacBook Airが1.29 kgであることを考えるとかなり軽いことがわかります。

スペック

ASUS Chromebook Flip C436FA
CPUには第10世代のCore iシリーズを採用。国内モデルではCore i3/5モデルがRAM8GB、Core i7モデルがRAM16GBとなっています。海外モデルではCore i5モデルでもRAM16GBだったのでこの点は少し残念だったりもします。

Chromebookはストレージ面で妥協されることが多く、eMMCになって速度が落ちたり、容量が削られたりすることが多いものの、C436FAではストレージ容量・速度面で妥協はなく、128GB~512GBまで選択でき、速度面でもPCIe 3.0×2に。

ハイエンドChromebookの使い道

  • RやPythonで大きなデータを分析
  • LaTeXでPDFの資料作成
  • Paperpile(Chrome拡張機能)で論文管理
  • タブをたくさん開いて、ブログ執筆
  • ミラーレスで撮影した画像を編集

Chrome OSはCrostiniと呼ばれるLinuxの仮想環境が使え、Linuxアプリをインストールすることができます。「Chrome OS」や「Androidアプリ」といった制約を超えて活用方法は広がっており、ハイスペックである意味も十分あります。

そもそも、たくさんタブを開いてブログを執筆するにしても、ロースペックマシンでチープなキーボードのマシンで作業するより、きれいなディスプレイ・高性能マシンで作業した方が快適なのはChrome OSでも同じです。

他の製品ではなく、Chromebookな理由

ASUS Chromebook Flip C436FA
オシャレ軽量ハイスペックということを考えると、他のOSの製品でも同様のものが存在するのは確か。C436FAに関しては値段も他のものと変わらないレベルです。使用用途に関してもChrome OSである必要はないようにも思えます。

筆者がChromebookもいいなと思うのは、他のOSと比較してOS自体が圧倒的にシンプルで、環境構築・初期設定・アップデートなどが圧倒的に便利な点。Chrome OSとは別にCrostiniは独立しているので、既存の環境を残したままLinuxの環境を作ったり消したりも自由にできます。操作に関しても、たしかにアプリの少なさこそあれ、できることは確実に快適に動くので、こちらの方が作業が捗ることも。

加えて、タブレットとPCの間の立ち位置的な製品として利用でき、スマホやタブレットの手軽さと、PCの入力しやすさを生かしたクリエイティブな作業、両方に活用できrます。Androidアプリも動作するので、PCでは面倒な操作が、タッチに最適化されたアプリで直感的に使えるのは、Chrome OSだけの魅力だと思っています。

あくまで企業向けではありますが「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」が使えるなど、仮想化でWindowsが動かせるようにもなり、Chrome OSの良さを活かしつつ、足りない所が補える未来も近くなり、Chromebookですべてが完結する様になる可能性もあります。

まとめ:製品クオリティを考えると安い

ASUS Chromebook Flip C436FA
14インチサイズで1.15kgと軽量。金属ボディで質感も高く、性能にも力を入れているノートPCが、10万円~15万円で買えてしまうのは破格。活用の幅も広がっており、このハイスペックさを活かす環境ができてきているのも事実。これまでChromebookで妥協されがちで不満を感じていたストレージなども高速になっており、Chromebook Flip C436FAが欲しくなってきています。


Source:ASUS

コメント

タイトルとURLをコピーしました