パチパチ音は故障かも?Apple が「AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」開始

ニュース

Appleが現在販売中のAirPods Pro向けに「AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」を開始しました。AirPods Pro使用中に「パチパチ」音がする場合やノイズキャンセリング機能がうまく機能しない場合は、この修理プログラムで無償修理してもらえる可能性があります。

スポンサーリンク

修理サービスプログラム概要

  • 対象;2020年10月より前に製造された AirPods Pro
  • 症状1:AirPods Pro から異音 (「パチパチ」という音など) がして、周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。
  • 症状2:アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。たとえば、低音が欠落したり、背景音 (街頭や飛行機の騒音等) が大きくなるなど。
  • 内容:AppleやApple正規サービスプロバイダでは、対象となる AirPods Pro (左右のいずれか、または両方) の無償修理

対象となるAirPods Proは2020年10月より前なので、発売日から最近まで製造された製品が対象で、販売数の大部分が対象に。ただあくまで、実機検査で問題が確認された場合のみの対応なので、上記の問題が発生していない場合はこのプログラムの対象ではありません。なお、修理サービス開始前にAppleにて実機検査を行い、本プログラムが提供されるか検証され、その後AirPods Pro本体 (左右のいずれか、または両方)が交換してもらえることになります。充電ケース自体は対象外になっています。

対象となる期間は、最初の小売販売日から2年間。AirPods Proは2019年10月30日発売なので、2021年10月30日までこのプログラムは行われます。

筆者も遭遇経験あり

AirPods Pro
実は筆者自身、eイヤホンで中古品のAirPods Proを購入した際にこの問題に遭遇しています。その時は初期不良としてeイヤホンの保証で交換済み。

症状としては、歩行時にAirPods Pro から「パチパチ」といった異音が発生したり、イヤーチップ装着状態テストがどのイヤーピースを使っても成功しないという問題の2点でした。修理プログラムが開始されたことからの推測ですが、機械的な故障により一定確率で生じる問題だったようですね。装着状態テストに関しては、あくまで合っていない可能性もありましたが、筆者の場合正常動作品では全く問題なかったこともあり、前者の異音と共に不良に気づくことができました。

修理サービスプログラムを行うということはAppleも問題があるとある種把握したと思われるので、似たような症状に遭遇した人は、正規サービスプロバイダやApple Store、サポートなどで修理を依頼してみましょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥28,970(2020/12/04 09:47:36時点 Amazon調べ-詳細)
【レビュー】音質重視派でも満足できる「AirPods Pro」、違和感を徹底排除したイヤホンを超えたイヤホン
WF-1000XM3を購入してみたりしましたが、結局AirPods Proも購入しました。筆者は比較...

Source:Apple

コメント

タイトルとURLをコピーしました