FlexiSpotのTwitterキャンペーンで「電動式スタンディングデスク EN1」が当たった:楽しみな理由など

Flexispot EN1コラム

スタンディングデスクメーカー「FlexiSpot」がTwitter上で行っていたキャンペーンで、電動式スタンディングデスク EN1が当たりました。

当選したよ!という報告と、スタンディングデスクの到着がなぜ楽しみなのかを紹介します。

スポンサーリンク

当選したキャンペーン


応募して当選したキャンペーンは、上記のもの。電動昇降デスクや収納ベンチ、モニタースタンドが当たるクリスマスイベントになっていました。

四畳半に作るホームオフィス: 快適さアップ!FlexiSpotの電動スタンディングデスクを導入した | ガジェットタッチ
この記事ではLOCTEK社から発売されている『FlexiSpot 電動スタンディングデスク』をレビューしています。高さ60cm〜120cm、120cm〜200cmまでの天板に対応していて、自分の好きな天板と組み合わせることが可能です。既存のデスク環境のスタンディングデスク化にもオススメ。

ブロガーなど在宅で作業する人の間ではかなり人気のスタンディングデスク。長時間座っていると腰が痛くなってしまいますが、立って作業することで、そうした問題を防ぎつつ、長時間作業することが可能になります。

届く商品と楽しみな理由

届くのは電動式スタンディングデスク EN1

Flexispot EN1
届く商品は「電動式スタンディングデスク EN1」。脚と天板のカラー、天板サイズを選ぶことが可能だったので、ブラックの脚に、マホガニーの140×70cmサイズの天板を選ばせて頂きました。

EN1はベーシックなモデルで、昇降・アラーム・記憶機能がついているのが特徴。だいたい3.5~4万円くらいの商品になるようです。

楽しみな理由

腰痛からの開放・作業時間の延長

大きな理由としてはこの2点。特に家で作業することが増えたので、快適に長時間作業できる環境を構築するための一歩となりそうです。

今年はコロナの影響で大学院も在宅メインに。良い椅子は使っているとはいえ、論文を読んだり書いたりプログラミングやデータ分析などを長時間すると、身体への負担は大きく、何回か痛めてしまうことがありました。

運動をするための器具を導入して活動量増やすか、作業環境の改善をするか考えていたところに、ちょうどキャンペーンに当選。まさに渡りに船。

発送が1月5日になるみたいなので到着自体は先ですが、実際に使ってみてのレビューもお届けしたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました