Smart Keyboard FolioからiPad用Magic Keyboardに買い替えた理由・使ってみた感想

Magic Keyboard (iPad)レビュー

iPad Air 4用のキーボードをかSmart Keyboard FolioからiPad用Magic Keyboardに買い替えました。その理由とか、実際に買い替えてどうだったかをまとめてみました。

スポンサーリンク

Smart Keyboard Folioの問題点

Smart Keyboard Folio

  1. ×:トラックパッドが無い!
  2. △:キーボードの打鍵感。悪くはないけど….

気になっている問題点はこんな感じ。

一番のストレスはトラックパッドが搭載されていない点。ノートPCのように使っていると、日常の色々な時点でトラックパッドが欲しくなることがあります。例えば、文章を書いている際のカーソル移動とか、ゴロ値iPadしている際の画面操作とか、PCの横において情Twitterを表示させている時とか。

画面を触るためには、わざわざ腕を上げてタップしなければなりません。トラックパッドがあれば、手を浮かすことなく操作が可能です。

また、Smart Keyboardの打ち心地は最高ではないのも残念なところ。打ちやすくは設計されていますが、大体通常の8.5割程度の入力効率。本格的にブログや文書を仕上げていくには、不満の残るレベル。打鍵感と配列にもう少し余裕が欲しいです。

実際にMagic Keyboardを使ってみて

Magic Keyboard (iPad)

  • キーボードは入力しやすい
  • トラックパッドはあるとないとで大違い

そんなこんなで、Magic Keyboardを買ったので暫く使ってみました。上で挙げていた問題は完全に解消しました。iPadでの作業効率は爆上がりしました。

Magic Keyboard (iPad)
13インチのMacBook Airよりキーとか幅は小さめ。しかし、慣れるのにはそれほど時間がかかりませんし、打鍵感もしっかりしているので入力スピード・精度ともにかなり向上しました。これなら完全に必要としている文書作業をこなすことができます。

バックライトもあるので、薄暗い環境下でもちゃんと文字入力できるようになりました。

トラックパッドも、さすがAppleという感じで、操作感は良好です。ずっと固定した位置で使うなら、Magic Trackpad2でも良いですが、移動させたり持ち運んだりするのであれば、Magic Keyboardがおすすめ。

総評:iPadメインならアリ・Macユーザーでも

Magic Keyboard (iPad)
iPadをノートPC代わりに使うのであれば、Smart Keyboard Folioよりこちらを購入することをおすすめします。

MacBook AirとかProを持っていて、iPad用にこれを買うかどうかは微妙なところ。文字入力作業はMac、エンタメとかクリエイティブな作業はiPadみたいに、完全に別れているなら買う必要はないでしょう。

ただ、MacのサブPC的な感じでiPadを使うつもりで、そこそ使用頻度があり、文字入力しっかりこなすつもりであれば、Smart Keyboardで妥協せず、こちらを選ぶべきでしょう。それくらいは出しても良いかなと思えるクオリティ、金額です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました