待ちに待った本命のコンパクトタブレット「iPad mini(第6世代)」発表:予約した理由・Air 4から買い替え

iPad mini 第6世代タブレットのニュース

オールスクリーンデザイン・USB Type-C・Apple Pencil(第2世代)・5G接続と、欲しい機能がすべて詰まった8.3インチ「iPad mini(第6世代)」が発表されました。既に予約は開始しており、9月24日発売予定です。価格は、59,800円からになっています。

スポンサーリンク

2年半ぶり待望の新型「iPad mini」

iPad mini 第6世代
iPad mini(第5世代)の発売から2年半が経過し、大幅な刷新とともに「iPad mini 第6世代」が登場。8.3インチと大型化したオールスクリーンのデザインに、最新のA15 Bionicチップ、5G接続やUSB Type-C、Apple Pencil(第2世代)へも対応しました。

iPad mini 第6世代
個人的には、デザインと仕様の刷新と、USB Type-C、Apple Pencil 2への対応の3つに惹かれました。小型版iPad Air(第4世代)とも呼べる様なデザインになり、よりスタイリッシュに(カッコイイ)。USB Type-Cに対応したことで、Macと充電器やUSBハブを共有することができる様になりました。別途アクセサリーを買う必要がなく、ミラーレス一眼レフで使っているSDカードから高速なファイル転送を行えます。Pencilについても、横にパチっとくっつけられるので、充電のし忘れやキャップの紛失といったこともなくなります。

去年Air 4シリーズで行われたのと同じ変化がminiにもあり、これは買うしかないとなりました。

iPad Air(第4世代)からの乗り換え

iPad Air 第4世代
既に持っているiPad Air 4と併用することも考えましたが、2枚のiPadは確実に無駄が生じるため、Air 4からmini 6へ買い換えることにしました。

もともと、Apple Pencilでのノートテイキングする際や動画視聴の際に、小さな画面サイズに不満を感じて、iPad mini 5からAir 4に買い替えました。しかし、実際に使ってみると、MacBook Airと一緒に持ち歩くには重すぎたり、画面の大きさからサッと取り出して使うといった用途には向かず、そうした点で逆に不満を感じてしまうことになりました。

mini 6では、mini 5にあった画面サイズの不満がなくなり欲しい点しかなかったため、迷わず買うことを決めました。

iPad miniを予約した:色とかストレージとかモバイル通信とか

iPad mini 第6世代
ということで、予約したのはスターライトの64GB Wi-Fi + Cellularモデル。カラーは、新色のピンクやパープルと迷いました。短期間使うなら新色でも良いのですが、長期間色々なシーンで使うことを考えると、スターライト一択でした。

ストレージは、Air 4が64GBで困っていなかったので、そのままをチョイス。ただ、iPhone 13 Pro Maxを買ってProRAWでの撮影機会が増え、写真編集をするなら256GBでも良かったなと思っています。

Wi-Fi Onlyではなく、問答無用でCellularモデルを買いました。ここ数年ずっとCellularモデルを買っています。家だけでなく、移動中の電車内とか、大学などで研究するときにも使うので、モバイル通信は必須です。また、MacBook Airの母艦としても使えます。

発売まで、後9日。アクセサリーを準備しつつ、ワクワクしながら待ちたいと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥15,286(2021/09/28 13:53:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメント