デルアンバサダーで30万円超えのノートPC「DELL XPS 17」を借りる予定:使用用途など

DELL XPS 17コラム

デルアンバサダーに当選し、30万円超えのハイスペックノートPC「DELL XPS 17」を借りられることになりました。

スポンサーリンク

XPS 17の特徴をざっくり説明する

ディスプレイ17インチ FHD+ (1920 x 1200) /
 UHD+ (3840 x 2400) UHD+ (3840 x 2400) 
CPU第11世代 Core i7-11800H / i9-11900H
GPUGeForce RTX 3050 4GB / 3060 6GB
RAM16 / 32 / 64GB
SSD512GB / 1TB / 2TB
重量2.21kg

XPS 17のスペックをまとめると、上記の通り。Tigar LakeのCore i7 / i9を搭載したハイスペックノートPCです。17インチという大きいサイズを活かして、GeForce RTX 3050 / 3060といったハイスペックなGPUも搭載しています。

並のデスクトップPCを上回る性能が、17インチのノートパソコンサイズに詰まっているのが魅力です。

重量は、2.21kgと超重量級。毎日持ち運ぶのは厳しい重さですが、家やオフィス内など限られた場所で持ち運んだり、たまーに持ち運ぶくらいならできるかなという重さです。

どういった用途で使うのか?

DELL XPS 17
今、よりハイスペックなノートパソコンが必要になり、新しくパソコンの購入を検討しています。そこで、検討しているのが、デスクトップPCを購入するか、ハイスペックノートPCを購入するかということ。

在宅な環境がずっと続くのであれば、デスクトップ一択。しかし、これからは、大学の研究室と自宅が半々くらいになりそうな状況です。また、大学はフリーアドレスタイプなので、研究室にいる時間が増えても、デスクトップPCをそこに置けません。

DELL XPS 17
そのため、選択肢としては、自宅にデスクトップPCを導入するか、自宅でも外出先でも使えるハイスペックノートPCを導入するかの2択になってきます。前者であれば、在宅で作業する時間しか使えません。

しかし、ハイスペックノートPCは、性能が必要な計算作業を出先で行うことが可能に。また、毎日持ち運ぶには重すぎるという問題は、手持ちのMacBook Airと併用することで解決することができます。家では、ディスプレイに接続することで、デスクトップPCとして使うこともできます。

性能だけを考えた場合のコストパフォーマンスは、デスクトップPCに軍配が上がります。一方で、DELL XPS 17には、「いつでも持ち運べる」という大きなメリットがあります。もちろんその分お値段は高くなってしまいますが、普通のモバイルノートには無い、ハイエンドさを日常生活でどれだけ活かせるか見たいと考えています。

Source: DELL

コメント