遅延・音ズレなしでHome Pod・HomePod miniをWindows PCのスピーカーとして使う方法

HomePod mini Windowsスピーカー

HomePodやHome Pod miniは、MacやiPhoneなどのApple製品専用のスマートスピーカーです。ただし、WindowsノートPCやデスクトップPCで利用したいという人もいるはず。

本記事では、Windows PCで、HomePod miniを専用の外部スピーカーとして利用する方法を紹介します。

遅延・音ズレなしでHome Pod・HomePod miniをMacのスピーカーとして使う方法
HomePodやHome Pod miniは、デフォルトの状態で、Macの外部スピーカーとして利用す...

ちなみに、Mac版はこちら。

スポンサーリンク

WindowsでもAirParrot3でAirPlayを可能に

AirParrot3
Windows PCでもAirParrot3を使うことで、HomePodやHomePod miniなどAirPlay対応スピーカーに接続することができる様になります。

AirParrot3は、MacやのAirPlay機能を拡張すしたり、WindowsでもAirPlayを利用可能にするソフト。AirPlay対応のスピーカーに接続するだけでなく、ディスプレイのミラーリングなども可能にします。

ただし、7日間のフリートライアルのあとは、購入する必要があります。価格は、Mac版・Windows版が2,908円、Mac・Windows両対応版が3,555円になっています。基本的には、複数OSのユーザーなら、両対応版を買っておいた方が良いでしょう。

AirParrot 3 | Mirror & stream content from your Mac or PC to Apple TV, Chromecast & more
Mirror and stream from Windows and macOS to Apple TV, HomePod, AirPlay-enabled speakers, Chromecast and more. Wirelessly connect your computer to any TV or com...

AirParrot3の設定方法

AirParrot3 Windows
設定方法は簡単で、AirParrot3をインストールしたら起動して、接続したいHomePodやHomePod miniを選択するだけです。Display1を選択しておくと、画面から再生される音すべてが、HomePod miniから再生される様になります。From部分を選択することで、個別のアプリケーションの音だけを再生することもできます。

音量の調節は、HomePod本体の音量とWindows本体の音量を両方設定する必要があるので注意です。

Windows Setting
Windows PCの場合、システム上で音声の出力先を変更しておかないと、もともと接続していたスピーカーとHomePod miniの両方から音が出ることがあります。筆者の場合、ディスプレイのスピーカーではなく、Realtekの方を選択しておく必要がありました。

価格が2,908円~3,555円と、すぐに購入しにくい金額なのが残念なところ。ただ、WindowsでもオシャレなHomePod miniを使えるというのは大変ありがたいです。

AirParrot 3 | Mirror & stream content from your Mac or PC to Apple TV, Chromecast & more
Mirror and stream from Windows and macOS to Apple TV, HomePod, AirPlay-enabled speakers, Chromecast and more. Wirelessly connect your computer to any TV or com...


コメント