見るものを魅了する究極の13インチノートPC「デル XPS 13 2-in-1」外観レビュー

XPS 13 2-in-1

さて先日からデルアンバサダープログラムに参加してお借りしているXPS 13 2-in-1ですが、今回はその美しいアルミの外観を見ていきたいと思います。

見るものを魅了するアルミボディ

XPS 13 2-in-1
まず紹介すべきは削り出しアルミによる本体ボディですね。ディスプレイ側の天板も、基盤などが入っている部分すべてアルミで覆われており質感が非常に高いです。
筆者が現在使用しているMacBook Airも削り出しのアルミ筐体ですが、外観の色合いなどはこちらの方が綺麗ですね。
XPS 13 2-in-1
中はカーボンファイバー製で、ディスプレイはCorning® Gorilla® Glass NBTとなっており強度や剛性が非常に高く、本体の端を持ち上げてもたわみを感じることは無かったですね。
通学時、満員電車に当たることが多く圧迫される環境でもこれだけ丈夫そうならカバンに入れて安心して持ち運べそう。

XPS 13 2-in-1
トラックパッドの指の滑りは非常に良く、2本指でのスクロールなどのジェスチャー機能を軽々と行うことできます。
XPS 13 2-in-1
キーボードは独立型でキーの大きさもMacBook Air 13インチよりも大きく、使ってみた感じタイプミスなどしにくく、非常に打ちやすいキーボードでした。バックライトを搭載しているので暗い所での仕様もバッチリです。

拡張性は?

XPS 13 2-in-1
左側面にはUSB Type-Cとイヤホンジャック。
XPS 13 2-in-1
右側面にはUSB Type-C、Micro SDスロット、電源ボタンが存在します。充電に関しては一応左でするを想定されている風でしたが、右側に充電器を挿入しても機能しました。

端子についてはUSB Type-Cのみで使う上で不安になるかもしれませんが、下記の様な安価なハブを使うこと従来のUSBが使用できない問題を解決したり、ファイル共有だったらDropBoxなどのクラウドストレージで問題解消できるので、大きく困ることはないですね。

他の製品に比べて洗練されている

XPS 13 2-in-1
ディスプレイのベゼルを削ぎ落とし、本体サイズは11.6インチサイズまでシェイプアップしながらもキーボードやトラックパッドは十分すぎるくらいの大きさで、ある意味究極の13インチノートPCに仕上がっているのではないかと思いますね。