Surface Goの実機を触って来たけど、TransBook miniと悩む

ヨドバシカメラに行ったらまだ発売前のSurface Goの実機が置いてあったので触ってきました。なんかめっちゃ良いんだけど、色々惜しすぎて泣いてます。

質感、製品としての出来は最高

Surface Go
質感や製品としての出来きは、本当にSurface Proそのまんまで、めっちゃ良かった。ベゼルに関してはちょっと太くて、その分ディスプレイが大きかったらと思わなくもないけど。
キーボードは打ちやすいし、ペンも使える、小型だからカバンに忍ばせておいて、いつでもどこでも取り出して使え点はすごく良いなあと。

普段MacBook Pro 13インチモデルを持ち運ぶ筆者にとっては、重い作業をしないときはSurface Goくらいのスペックで全然だなので悩ましい所。

やっぱり価格がネック

Surface Go
やっぱり値段がネック。狙うならRAM8GB、ストレージ128GBモデルを狙いたいところだけど本体が89,424円(税込)するのはちょっとお高め。RAM4GBモデルでも7万円近くし、サブPCとして買うには少し高すぎるのが残念な所。筆者自身大学からOfficeのライセンスが与えられていて不要なので安いモデルが出てほしいですね。

TransBook miniとかGPD Pocketは?

TransBook mini
安くてコンパクトとして候補に挙げられそうなのがASUSのTransBook miniとGPD Pocket。TransBook miniに関してはバッテリー駆動時間も長く候補なものの、キーボードがいまいち好きではないので現時点では保留中。

GPD Pocketに関してはトラックパッドがなくトラックポイントで操作する必要があり、これが苦手なのとバッテリー持ちがいまいちよろしく無いのが欠点。

ベストな選択肢がない…

コスト、性能、質感、品質、すべてのバランスが取れたいい製品が無いのが悩みどころ、個人的にはサブPCとしてベストな選択肢としてはSurface Goなので、Officeの無い安いモデルが登場するのを期待するか、値下がりするか、その金額出しても懐が痛くないくらい稼げたら買ってみようかなと思っています。

Source:Microsoft|ASUS|Indigogo