Spigenのガラスフィルム「 iPad Pro 11用 Glas.tR SLIM」レビュー、配送なら保護フィルムよりガラスフィルムが絶対良い

Spigen iPad Pro 11 ガラスフィルムレビュー

iPad Pro 11を先日購入しました。高価なアイテムなので、保護フィルムかガラスフィルムを買おうと思っていたのですが、配送の観点からガラスフィルムをチョイスしてみることにしました。

スポンサーリンク

配送なら、ガラスフィルムが安心

Spigen iPad Pro 11 ガラスフィルム
ガラスと聞くと割れそうな気がするため、配送を考えたら「保護フィルムの方が良くない?」との声が聞こえてきそうですが、筆者の経験上保護フィルムよりもガラスフィルムの方が安心。

というのも、ガラスフィルムは基本格安品でも、上記のような化粧箱に入った上で届くことがほとんど。Amazonのわずかにクッションの入った封筒でも、無理やりポストに押し込んだり強い力がかからない限りは大丈夫。保護フィルムの場合、箱に入っていることは少なく、入っていても厚紙程度、フィルムだけの場合が多いですね。

保護フィルムでも、スマホサイズであれば、ポストに投函されたりしても小さいので折れることはありません。しかし、9.7インチ以上のタブレットサイズになってくると、無理やりポストの中に入れられて端が折れてたり、なにかものが落ちてフィルムの真ん中に傷が入ったりする可能性は高くなります。実際筆者も、タブレットサイズのフィルムを買った際に、フィルムに傷が入っていたことも。

そうした悲劇を防ぐためにも、Amazonで購入する場合はガラスフィルムの方が良いのでは無いかと思っています。

Spigenのものを購入した理由

  • 思ったよりも安い:1599円
  • 品質が高そう・信頼できる

今回無名メーカーのものではなく、あえてSpigenのものを購入した理由は上記の2点。Amazonで検索して出てくる他のフィルムと比較しても高くはなく、1,599円と比較的安め。

品質に関しても、他の名のしれないメーカーと比べて、Spigenはスマホやタブレットのアクセサリーメーカーで非常に有名で、実績があるため、寸法であったりやガラス面でのコーティングに関してもかなり信頼できそうなところ。

Spigenのフィルムは貼りやすい!

Spigen iPad Pro 11 ガラスフィルム
内容物は、ガラスフィルム本体、ウェットシート、クロス、気泡を追い出すためのカード、説明書類。

Spigen iPad Pro 11 ガラスフィルム
ガラスフィルム本体には羽根がついており、粘着面のフィルムさえ剥がしてしまえば、この両方の羽根をもって位置を合わせて貼り付けられるのが良いところ。非常に便利です。

Spigen iPad Pro 11 ガラスフィルム

Spigen iPad Pro 11 ガラスフィルム

iPad Pro 11の本体よりガラスフィルムの方がわずかに小さく作られており、左右の比率やサイズは比較的バッチリ。縁もラウンドしており、角が引っかかることはありません。あまり本体ぴったりだと隙間に引っかかって割れる可能性があるからこのサイズになっているかもしれません。
ガラス面のコーティングに関しても、指紋がついてもさっと拭き取ることができますし、そもそも付きにくくなってるのでバッチリです。

おすすめのガラスフィルム

最近は重量増や分厚さによる見た目の変化を気にして、保護フィルムを選択する機会が多かったのですが、ガラスフィルムはディスプレイがクリアだったり、タッチ操作時の感触や指紋の付き方もマシなので、非常に良さげ。

あと、配送の際の傷や折れの可能性を考えると、サイズの大きなタブレットであったり、ディスプレイがきれいな端末はガラスフィルムでも良いかなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました