Mac mini 2018とeGPUでフリーズする問題が発生中、原因はmac OS Catalina?

Mac mini eGPUデスクトップPC

Mac mini 2018を使っていて、ちょっとeGPUを使ってみたいなと思い、eGPU用のケースとグラフィックボードを購入したのですが、原因不明のフリーズに悩まされています。

現時点で解決策はわかっていないのですが、色々検証してみた結果を載せてみたいと思います。

スポンサーリンク

フリーズ時に起こる現象

  • mac OS Catalina 10.15.4
  • Mac mini 2018
  • Radein RX480 + Sonnet eGFX BreakawayBox

フリーズするとマウスカーソルのみ移動可能で、それ以外のクリックの動作は一切受け付けず何も反応しません。YouTubeで動画を流している場合は、画面が停止したままひたすら音声が再生され続けます。

キーボードからの操作も受け付けないので、アプリケーションを強制終了させることも不可能です。電源ボタン長押しの強制終了以外方法はありません。

フリーズする場合・しない場合

フリーズするか?動作
フリーズプレビューで画像を見る
SafariでYouTubeを見る
DaVinci Resolve 16で動画編集
無問題機械学習の計算(使用率100%)

筆者が使っている環境で行った作業で、フリーズするのは上記の通り。使用時間・GPU使用率、使用方法は一切関係無い模様。
画像・映像が入ったときに、すぐでは無いですがある一定時間経過するとフリーズします。

現時点での対処法

macOS 10.15 CatalinaへアップグレードしたdGPU搭載のiMacやMacBook Proでスリープ復帰後にMacが再起動している不具合やMac mini 2018に接続されたeGPUからの映像が真っ白になる不具合。
AppleはiMacやMacBook Proの上位モデルにRadeon dGPUを搭載し、macOS 10.13.4 からはThunderbolt 3接続でeGPUをサポートしていますが、これらのGPUを搭載/接続したmacOS 10.15 Catalina搭載のMacでいくつかの不具合が確認されています。

もともとeGPU自体は安定していないようですが、一貫してCatalinaではeGPU周りの不具合がある模様。昨年の10月時点から一貫して何かしらあるようです。最新アップデートでもこれなので、とりあえず現時点でできる対処としては、使わない場合は外しておいて、必要な場合に接続するしか方法はありません。

一番いい対処法としてはMojaveに戻すこと。筆者のMac miniは実質2020年発売モデルなので、戻せないですが、。Catalinaは、eGPU周り以外でも普段使っているアプリがうまく動かなくなるなどの不具合に悩まされているので非常に厄介な問題児。いち早くアップデートが来てほしいところですね。

FileVaultが有効になったMac mini (2018)でeGPUに接続されたディスプレイに起動画面が表示されない不具合はmacOS 10.15.4 Catalinaでも修正されていない。
AppleはmacOS 10.15 Catalinaでは、Mac mini (2018)でeGPUに接続されたディスプレイ上に起動画面が表示されない不具合が長く続いていますが、この不具合は2020年03月にリリースされた「macOS 10.15.4 Catalina」でも修正されていないそうです。
Macの外付けGPU、Catalinaで動作の不具合が複数報告 - Engadget Japanese
Apple Macの外付けGPU(eGPU)はmacOS 10.13.4から公式サポートされていますが、macOS Catalinaにて一部ユーザーから動作の不具合が報告されています。
Catalina(Mac OS 10.15.x)のMac MiniでeGPUがきちんと稼働しない?!
BOB’S MAC ボブズマック デザイン事務所の現場から少し変わった視線でApple関連の情報を発信。1996年設立の「BOB’S MACINTOSH」が令和元年に「BOB’S MAC」として復活!

コメント

タイトルとURLをコピーしました