【比較】「Surface Go 2」の登場で「Surface Pro X」の存在価値はほとんどなくなったかもしれない

Surface Go 2ガジェット比較

先日「Surface Go 2」が発表され、最安6.5万円からSurfaceシリーズが購入できることになりお買い得感があります。一方既に発売されているSurface Pro Xはデザインことオシャレなものの、使えるソフトが限られていたり値段が高かったり、Go 2にもLTEモデルがあることから立ち位置が危うくなっています。

今回はPro XじゃなくてGo 2の方が絶対に良さそうという点をメインに紹介していきます。

スポンサーリンク

Surface Pro Xの魅力と欠点

  • ◯:LTE接続とバッテリー持ちに優れている
  • ×:使えないソフトが多いかもしれない。64bitは無理
  • ×:高い

CPUに、Qualcommと開発したMicrosoft SQ1を搭載。実質SnapdragonのWindowsタブレットといったところで、LTE接続に最適化されているのはいいところです。

Surface Pro X
ただ、普段使用しているWindowsのソフトは基本的に動作しないと思う方が吉。Office関係は用意されていますが、それ以外なら32bitのアプリケーションかストアアプリの利用が前提に。基本的にブラウザとOfficeメインで済むなら問題ないですが、データ分析関連のソフトなどの64bitアプリケーションは動かないので本格的なPCとしてはおすすめできません。

価格に関しては、最小構成の8GB/128GBモデルにタイプカバーとペンをつけて168,828円。この金銭があれば、普通にどんなソフトでも動くSurface Pro 7やLaptop 3なども視野に入るので、文系大学生であってもオシャレ目的に買うのはおすすめしません。

Surface Go 2なら悩むところは少ない

  • ◯:通常のWindows 10が動作するので、ソフトは悩まなくていい
  • ◯:安いから高いまでモデルの選択肢が多い

一方Surface Go 2は、Pro Xと比較して悩まなければいけないポイントは少なめ。普段使っているWindowsソフトやストアアプリなどは、性能が足りないと言ったことがない限り全て動作します。

LTE接続が欲しい場合でも、最上位モデルを買うことで解決します。ペンとキーボードセットにしてLTE対応の最上位モデルを買っても137,500円とSurface Pro Xより圧倒的に安くなります。

Surface go 2
画面サイズは13→10.5インチと少し小さくなってしまうものの、Surface Go 2はPro Xとは異なり、動くソフトの心配もありませんし、重量も774g→544gと200g近く軽く持ち運びにも最適。

ベゼルレスちょっと見た目のスタイリッシュさは欠けますが、Go 2の方が圧倒的に実用的です。

価格:Surface Go 2 VS Pro X

モデルスペック価格
Surface Go 2Pentium 4421Y/4GB/64GB65,780円
Surface Go 2Pentium 4421Y/8GB/128GB65,780円
Surface Go 2(LTE)Core m3/8GB/128GB107,580円
Surface Pro X(LTE)8GB/128GB142,780円
Surface Pro X(LTE)8GB/256GB164,780円
Surface Pro X(LTE)16GB/256GB204,380円
Surface Pro X(LTE)16GB/512GB241,780円

参考までのSurface Pro 7の最安価格は109,780円、Laptop 3 13.5は139,480円となっています。

Surface Go 2はスペックや本体サイズを考えると妥当なラインに収まっていますが、Surface Pro Xは性能的にも使えるソフト的にもPro 7やLaptop 3ほどではないのに最大構成だと20万超えとなっており、非常に高くなっています。

Surface Go 2の方が安くて、LTEも使える


正直なところ、Surface Pro Xのメリットとしては、LTE接続が安定して行えて、スタイリッシュというところ以外メリットはなさげ。ブラウザとOffice、ストアアプリ程度で収まる使用法なら問題はなさそうですが、もし外部からアプリをダウンロードする予定だったり、大学や会社、自宅でもなんでもそうですが不明な場合はPro Xは避けて、Go 2やPro 7などを買っておくと後々ソフトを入れるときなどに「動かない!」なんてことにならないので安心して使えるでしょう。

「LTE回線を使うためにSIMカードを入れて使いたい!」という用途であっても、基本的にはGo 2のLTEモデルがおすすめ。画面サイズは小さくなってしまいますが、細かな諸々の点で不満なく利用できるはずです。

基本的に、Surface Go 2やPro 7など使う上で何不自由なく使えるデバイスを買ったほうが良いでしょう。

Microsoft StoreでSurface Go 2をチェック

Microsoft StoreでSurface Pro 7をチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました