「Surface Pro X」に上位モデル追加、ARM Windowsで64bitアプリが動かせる日も近い?

Surface Pro Xニュース

Surface Laptop Goの発表に合わせて「Surface Pro X」に上位モデルの追加が発表されました。大きな追加点としては新しいプロセッサであるMicrosoft SQ 2と新カラーとなるPlatinumフィニッシュのモデルが追加されています

更にWindows Insider ProgramではARM版のWindows 10で、x64アプリのエミュレーションを開始するとあり、これまで32bitアプリケーションかARMに最適化したものしか使えなかった弱点が解決されそうです。

スポンサーリンク

Surface Pro Xのスペック

OSWindows 10 Home(ARM)
SoCMicrosoft SQ 1/SQ 2
RAM8/16GB (LPDDR4x)
ストレージ128/256/512GB
ディスプレイ13インチ、解像度:2880 × 1920 (267 PPI)
アウトカメラ1000万画素(1080p/4K)
インカメラ500万画素(1080p)
バッテリー最大15時間
ワイヤレスWi-Fi 5: 802.11Ac / Bluetooth 5.0
LTEBand 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 19, 20,
25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 46, 66
GPSアシストされた GPS, GLONASS
スピーカーDolby Audio サウンド 2Wステレスピーカー
サイズ287 × 208 × 7.3 mm
重量774g(キーボードなし)
カラーマットブラック・プラチナ
その他USB-C × 2, Surface Connect, Surfaceキーボードポート, nano SIM × 1
付属Office Home and Business 2019

今回追加されたのは、従来のマットブラックモデルに加えて、SoCをSQ2にしカラーがプラチナになったモデルが追加されています。SoCとカラーの変更のみで5G対応などはなく、Wi-FiやLTEなどの基本仕様に関しては、従来のブラックモデルと同じ。

価格

SoCRAM/ストレージカラー価格
Microsoft SQ18GB/128GBマットブラック142,780円
8GB/256GB164,780円
16GB/256GB204,380円
16GB/512GB241,780円
Microsoft SQ216GB/256GBプラチナ204,380円
16GB/512GB241,780円

価格についてはOffice Home and Business 2019も込の値段。なしのモデルに関しては用意されていません。

注意点としては、現時点でマットブラックのRAM16GBの2モデルと、プラチナの16GBモデルが同じ価格になっており、プラチナに関してはSoCがSQ2と上位モデルになっているので、後者を買うほうがお得です。

Surface Pro XをMicrosoftストアでチェック

キーボードカバー・ペンに新色追加

Surface Pro X
「スリム ペン付き Surface Pro X Signature キーボード」には新色が用意。従来のブラックに加えて。アイスブルー・ポピーレッド、プラチナが追加されており、より一般受けしやすく力の入れ具合が伝わってきます。

x64(64bit)アプリがARM Windows 10でも使える様に

Surface Pro X
Windows Insider Programでは、11月のプレビュー版より、ARMのWindows 10で、x64アプリのエミュレーションができるように。これまではARMに対応したアプリか32bit用アプリケーションしか利用することができず、折角の性能が勿体ないところもありました。

しかし、従来の64bitアプリケーションが使えるようになれば、使えるソフト・性能の幅が広がり、限られた人だけが使えるキワモノから、誰にでも用途に応じて進められるデバイスに変わるのが魅力的。

Surface Pro X
正式な機能として使えるのはまだまだ少し崎かもしれませんが、Surface Pro XだけでなくGalaxy Book SなどのARM Winwdows 10デバイスを買った人やこれから買おうとしている人にとっては朗報と言えるでしょう。

Surface Pro XをMicrosoftストアでチェック

Surface製品はMicrosoftストアで買うべき?

microsoft ストア
Microsoftストアだと、送料無料60日返品無料60日間低価格の約束があるのが魅力。特に60日の返品無料に関しては、サイト上に『何らかの理由で満足できない場合』とあり、使っていて気に入らないとか合わないところがあっても返品返金対応してもらえるのは非常にありがたいところ。しかも期間も約2ヶ月と長いので安心して試すことができます。

あまりMicrosoft製品をどこで買うか意識していませんでしたが、少々高い位の値段であればMicrosoftストアで買っておくと良いかもしれません。

Surface Pro XをMicrosoftストアでチェック

Via:Engadget Japan
Source:Windows Experience Blog|Microsoft

コメント

タイトルとURLをコピーしました