【プライムデー】「一世代前のMacBook Pro 13」の8.4万円は、2020年モデルのPro・Airよりお買い得?

MacBook Pro 13 2019セール情報

Amazonのプライムデーが10月13日・14日と開催されており、Appleの一世代前のMacBook Pro 13インチの8GB/128GBモデルが84,000円、8GB/256GBモデルが94,000円で購入できるようになっています。

これらは、果たして2020年の最新のMacBook ProやAirと比較してお買い得なのでしょうか?

スポンサーリンク

プライムデーでのMacBook Pro 13の価格

MacBook Pro 13 2019
一世代前のMacBook Pro 13のスペースグレイ 8GB/128GBモデルが84,000円、256GBモデルが94,000円になっています。

モデル価格
8GB/128GB/スペースグレイ84,000円
8GB/256GB/スペースグレイ94,000円
8GB/256GB/シルバー99,000円

価格の一覧に関してはこの通り。スペースグレイモデルが最安で、256GBのシルバーモデルがわずかに高くなっているのには注意が必要です。


128GBモデルに関しても上記リンクからアクセスして選択可能。

2020年モデルのMacと比較

Pro 2019Pro 2020Air 2020
CPUCore i5-8257U(4コア/8スレ)Core i5-1038NG7(4コア/8スレ)Core i5-1030NG7(4コア/8スレ)
Geekbench(シングル/マルチ)907/36911147/42401079/2920
RAM8GB16GB8GB
SSD128/256GB512GB256GB
Touch IDあり
Touch Barありなし
キーボードバタフライキーボードMagic Keyboard
重量1.37kg1.4kg1.29kg
価格84,000円~207,680円126,280円

Amazonでセール対象になっているものは、MacBook Airの2020年モデルよりも安くなっており、モデルによっては3~4万円程度の開きがあります。

CPUが第8世代Core i5になりますが、それでもAir 2020 < Pro 2019 < Pro 2020という並びの性能になっており、スペックを考えると破格の値段になっています。Airと比べて、ファンなどの設計に余裕があり、長時間負荷のかかる動画編集などをする場合でもPro 2019はAir 2020より良いといえるでしょう。重量に関しても差は100gくらいになっており、それほど実質的な重さに違いはなく、持ち運び重視する場合でも安心と言えるでしょう。

懸念点?としては今回セール対象のMacBook Pro 2019年モデルがTouch Barとバタフライキーボード搭載という点。バタフライキーに関しては、すでにキーボード修理プログラムが用意されており、2019年モデルなら2023年くらいまで適用されるようなので、たとえ故障が起きたとしても安心して使うことができそうです。


128GBモデルに関しても上記リンクからアクセスして選択可能。

Source:Geekbench

コメント

タイトルとURLをコピーしました