「HUAWEI Watch FIT」レビュー:Watchシリーズの良さを引き継いだコンパクトスマートウォッチ

5.0
HUAWEI Watch FITレビュー

Watchシリーズでありながらも、四角いディスプレイを搭載したコンパクトな「HUAWEI Watch FIT」を購入してみました。不満点がほとんどなく、完成度の高いスマートウォッチになっています。

スポンサーリンク

開封と内容物

HUAWEI Watch FIT
パッケージは、HUAWEI Watch FIT本体と同カラーのモデルがデザインされています。

HUAWEI Watch FIT
内容物としては、本体、充電ケーブル、説明書となっています。別途充電器が必要ですが、PCのポートやスマホのものを流用できるので特に問題はないでしょう。

HUAWEI Watch FIT
充電ケーブルはWatch FIT独自のもの。Watch GTシリーズでもBandシリーズでもみたことのない、マグネットタイプのケーブルです。

外観

HUAWEI Watch FIT
今回購入したのはミントグリーンのモデル。バンドがミントグリーンで、筐体は少し暗めなシルバーです。バンドも色合いが薄く、筐体は質感が良いので、普通の時計と同様の感覚で利用できます。

ミントグリーン
背面には、心拍計があります。

バンドの取り外しは、根本にある留め具を外すことで行えます。しかし、独自規格な上に、交換バンドは販売されていないので、利用する機会はほとんどないかもしれません。

HUAWEI Watch FIT
専用の規格を用意しているだけあって、筐体とバンドのつなぎ目はシームレス。ガジェットについて全く知らない人に、某果実のメーカーの製品と見間違われるくらいにオシャレ。

HUAWEI Watch FIT
バンドなどよりは、横幅は少し広めに作られています。

Watch FITとHonor Band 4の比較

HUAWEI Watch FIT
HUAWEI Watch FITとHonor Band 4を一緒に並べてみました。Bandはチープさがありましたが、Watch FITはWatchシリーズとしてのクオリティを備えています。

Watch FITは腕時計代わりに毎日通勤、通学に利用しても違和感がないですね。かっこいいです。

HUAWEI Watch FIT
筐体も本体と一体化しているかしていないかという違いがあります。

HUAWEI Watch FIT
ディスプレイの大きさ・解像度の差が歴然とあり、表示される時計やフォントの綺麗さは全く異なります。

視認性が全然違います。Bandでは一度も使ったことがなかった、スマホの通知を表示する機能を初めて常用しました。

ウォッチフェイス

HUAWEI Watch FIT
ウォッチフェイスはデフォルトで搭載されているものに加えて、スマートフォンのアプリから追加することも可能。iPhoneでも問題なく行なえます。

種類はたくさん用意されており、上のスクリーンショット以外にもたくさんあります。

HUAWEI Watch FIT
アナログ時計っぽいものや、ポップなデザインのもの、シンプルなものなど多種多様。気分に応じて使い分けることができます。細長ディスプレイには、左上のアナログなものはバランスが悪いかなと思いましたが、意外とマッチしておりフォーマル感を演出します。

装着感:WatchというよりBand

HUAWEI Watch FIT
見た目はWatch系統ですが、装着感はバンド。縦長になっているので、睡眠時に装着していてもほとんど気になりません。ウォッチ系の製品だとすごく気になるのですが、こちらは全然大丈夫。

バンドの目盛りは細かく、自分の腕の幅に詳細に合うので、運動する際にもピッタリフィットします。

使い勝手:通知・ワークアウト

通知

HUAWEI Watch FIT
文字サイズが大きめで、屋外・移動中でも視認性は高いですね。改行への文字数も均一なので、見やすくなっています。

通知のバイブレーションは価格なり、少し安っぽさがあり、静かな空間でバイブすると少し音が目立ちます。

ワークアウト

HUAWEI Watch FIT
ワークアウトの種類は豊富で、室内・屋外両方の運動に対応しています。外でランニングする際やウォーキングする際のGPSも比較的正確。ただし、最初電波を掴むまでは、開けた場所にいる必要ありました。運動が終わった後はアプリで移動経路や距離のチェックもできます。

運動中の視認性も悪くないですね。ただ、iPhoneの場合は音楽の操作は不可になっているので注意しましょう。

バッテリー持ち:大体1週間

HUAWEI Watch FIT
常時心拍計測・風呂入っている時以外、睡眠時も装着して1週間経過したときのバッテリー残量が11%。公称7日〜10日くらいなのでおおよそ、その通りです。

3泊4日程度なら専用の充電ケーブルなしで旅行に行くことができます。GPSを利用したワークアウトの場合は一気に減ります。最大で12時間なので、数時間運動した場合、その日は充電が必要かもしれません。

マグネット接点タイプの充電ケーブルになっており、接点の向きは写真の方向にのみに対応しています。逆向きにすると反発します。

総評:かなりおすすめ

HUAWEI Watch FIT
HUAWEI Watch FITは、Band系のコンパクトさはそのまま、チープさを無くし、Watchのオシャレさを引き継いで、良いところを抽出した完成度の非常に高いウェアラブル端末でした。

Apple Watchと比べて、おサイフケータイが使えない点は欠点ですが、圧倒的なバッテリー持ちやコンパクトさ、価格の安さは魅力的。

価格13,800円と、Apple Watch SEの半額以下と非常にお手頃。ウェアラブル入門機としても、詳しい人が買うのにも、非常におすすめです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました