シャープ、Snapdragon 7c・LTE対応の「Dynabook Chromebook C1」発表!廉価モデルだけど面白そう

Dynabook Chromebook C1パソコンのニュース

シャープとDynabookは、LTEに対応した「Dynabook Chromebook C1」を開発したと発表しました。2021年2月以降に商品化することが発表されています。

11.6インチディスプレイで、「GIGAスクール構想」の学習者用端末の標準仕様と言われると、チープな製品にも見えます。しかし、実際にはSnapdragon 7c搭載したLTE対応しており、見どころのあるChromebookになっています。

スポンサーリンク

Dynabook Chromebook C1のスペック

製品名Dynabook Chromebook C1
OSChrome OS
CPUQualcomm Snapdragon 7c(オクタコア)
RAM4GB
内蔵ストレージ32GB
ディスプレイ11.6インチ TFTカラーLED液晶(1,366×768)
タッチパネル
インカメラ約100万画素 HDR対応
アウトカメラ約500万画素
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.1
バッテリーリチウムポリマー(バッテリーパック)
サイズ/質量 未定
その他 スタイラスペン(オプション)、 コンバーチブル
同梱物 ACアダプター、電源コード、他

一見すると、ディスプレイは11.6インチ、1,366×768解像度と低価格モデルっぽい構成で、タブレットとしても使えるコンバーチブルタイプ。ここでCeleronなどを搭載してくるのかと思いきや、Snapdragon 7cを採用。Snapdragon 7cは8nmプロセス、オクタコアなSoCで、まだ発売はされていませんがAcer Spin 513で採用例はあります。

性能はこれまでのMediatek製のSoC搭載モデルと比べ、向上が見込めそうなところ。Geekbench 5でSnapdragon 7cで検索して見つかるスコアを見ていると、Snapdragon 730前後に近いスペックに見えます。普段使いは、かなり快適そう。
またLTEに対応しているため、SIMカードを挿入しての通信が可能。これまでモバイル通信のできるChromebookは目立ちませんでしたが、Snapdragon搭載Chromebookの登場で普及が進みそうです。

プレスリリースを見る限り、教育向けがメインかもしれませんが、一般販売も期待したいですね。

Source:シャープ

コメント