楽天モバイルがサービスINと同時に2.0にアップデート、パートナーエリアが2→5GBに、制限後は128kbps→1Mbpsに

楽天モバイルニュース

 楽天モバイルは、本日4月8日にMNOとして携帯キャリアのサービスを本格的に開始しました。また、開始と同時に「Rakuten UN-LIMIT」は2.0へとバージョンアップ。パートナー回線エリアのデータ容量を2GBから5GB/月にアップ、容量消費後の通信速度も1Mbpsに引き上げ無制限で利用できる様になりました。

スポンサーリンク

主な変更点

  • パートナー回線エリアのデータ容量を2GBから5GB/月
  • 容量消費後の通信速度も128kbps→1Mbpsへ

主な変更点としてはこちらの2点。これまでは楽天モバイルのエリア内は無制限、それ以外のパートナーエリア(au)は2GBで、2GB超過後はパートナーエリアでの通信が128kbpsに制限されるという仕様でした。

4/22より順次、パートナー回線エリア(au)のデータ容量が2GB/月から5GB/月へ増量されることが発表。更に超過した通信に関しても非実用的な回線速度から、比較的実用的なレベルの1Mbpsに引き上げ(こちらは8日から)が行われます。

パートナーエリアのアップデートが良い

楽天モバイル
現時点では大都市圏と一部の地方の限られた地域でしかエリアは整備されておらず、パートナーエリア圏内なら、以前のプランだと1年間は無料だとはいえ、2GB/2,980円とあまり魅力を感じられない回線になっていました。

特に、この春に学校に進学した中高生、大学生向けやお年寄りにスマートフォンをもたせるために契約する回線としても、1年間は無料な他、しばらく使ってみてエリアが整備されてくれば無制限で利用できるので、動画などを大量にみても安心ですし、ダメだったら有料期間になるときに他に乗り換えたらいいだけなので、十分におすすめできる仕様変更になりました。

しかし、今回の2.0へとバージョンアップにより実用的になり、楽天モバイルエリアの圏内圏外問わず、とりあえず1年間の無料期間はお試しで契約することが勧められる回線に。

楽天モバイル圏内ならメイン回線にも

楽天モバイル
1日のうち楽天モバイル圏内に長くいることが多い人も、圏外のデータ量が増えたことで普段使用する上で通信量を気にする必要は殆どなくなり、もし制限がかかってしまったとしても動画は無理でもTwitterやブラウジングはある程度できるレベルにはなったので、より一層契約する価値がありそうです。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥27,782(2020/06/02 23:08:41時点 Amazon調べ-詳細)

Source:楽天モバイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました