ノイズキャンセリング・外音取り込み搭載「HUAWEI FreeBuds Pro」レビュー:AirPods Proよりも買うべき

5.0
FreeBuds Proレビュー

ファーウェイが販売しているノイズキャンセリング・外音取り込み搭載「HUAWEI FreeBuds Pro」。ハイクオリティなノイズキャンセリングと外音取り込み機能も確かに良いですが、細部まで完成度高めな完全ワイヤレスイヤホンに仕上がっています。

たとえiPhoneユーザーであったとしても、AirPods Proよりおすすめできる部分があるイヤホンだと感じています。

スポンサーリンク

パッケージ・内容物

FreeBuds Pro
ファーウェイ製品によく見られるタイプのパッケージデザイン。

FreeBuds Pro
開封すると本体と対面。

FreeBuds Pro
内容物は、イヤホン本体、充電ケース、充電ケーブル、説明書類、イヤーピースS/M/L。

デザイン:シンプル

イヤホン本体

FreeBuds Pro
イヤホンのデザインも非常にシンプル。うどん部分が角ばったデザインになっている他、さり気なくHUAWEIのロゴが入っており、見た目上いいアクセントになっています。それほど押し込まずとも、しっかり耳にハマってくれるので、長時間付けていても全く苦ではありませんでした。

FreeBuds Pro

イヤホン本体を色々な角度から

FreeBuds Pro
イヤーピースは独自の形状をしており、キャップとか蓋のイメージで、隙間に爪を入れてカポッと外します。汎用タイプのイヤーピースに交換することはおそらく無理。

ケース

FreeBuds Pro
ケースは至ってシンプル。固形石鹸の様なサイズ感で、手への収まりもいいですし、コンパクトなためズボンの後ろポケットなどにもしまっておくことができます。非常に艶のあるプラスチック製なので、傷は避けられません。気になる方は、購入時にケースを一緒に購入しておきましょう。

FreeBuds Pro

下部

FreeBuds Pro

右側面

下部には充電用のUSB Type-Cと充電状態を表すLED、右側面にはペアリングする際に利用するボタンがあります。

FreeBuds Pro
裏面にはHUAWEIのロゴが入った金属製のヒンジが。ワイヤレス充電する際は、こちらの面を上にして充電する必要があります。

FreeBuds Pro
ケースにイヤホンが閉まってあるときはこの様な状態。イヤホンのうどん部分を外した向きそのままでケースに収納できるので、取り回しも良くなっています。2つのイヤホンの間に状態を示すLEDがあります。

音質:パワー感がありつつ、バランスを意識

FreeBuds Pro
11mmのダイナミックドライバー搭載で、迫力あるサウンドという感想。ただし、全体的な調和は取れています。音の広がりの良さと低音域がしっかりとした土台となり、なおかつ高音域もキレイになっています。1万円以下で買えるイヤホンとは一線を画す音質ですね。金額の価値あり。

わがままを言うのであれば、音の解像感や高音域の伸びはもう一声欲しい所。普段BA型のイヤホンを使っている人はその点で物足りなく感じるかもしれません。3BAのイヤホンと聴き比べしましたが、イヤホンを切り替えた時にそこまで違和感があまりなかったので、日常生活で併用は十分可能。

ノイズキャンセリング・外音取り込み:非常に高い

FreeBuds Pro
ノイズキャンセリングに関しては非常にハイクオリティ。サーッといったホワイトノイズも無く、耳栓代わりに使用できるレベル。通常時と音質が変わることなく、ちゃんとノイズキャンセリングしてくれます。FreeBuds Proじゃないカナル型のイヤホン使った時に、これまで気にすることのなかった車の走行音など街中のいろんなノイズが気になるレベルには高品質でした。

外音取り込みは、少しAirPods Proに劣るという印象。ほんの少しです。「ちょっとマイクで音拾ってるな」感がマイナスポイント。それでも、これまで使ってきたイヤホンの中では、トップクラスの外音取り込みのクリアさがあります。モード切り替えによる音質差はこちらにもありません。

接続安定性:非常に高い

最近は安価なイヤホンでも接続安定性が高いものは増えていますが、FreeBuds Proはそれを更に上回ります。朝の梅田の阪急百貨店前は人通りとノイズが多く、並のイヤホンだと、通っている間は音が途切れたり、止まったりするのですが、FreeBuds Proは僅かに2回程右側が途切れたかな?というレベル。非常に安定しています。

デュアルデバイス同時接続

FreeBuds Pro
デュアルデバイス同時接続は、FreeBuds Proの見逃せない機能です。iPhoneユーザーでもPCがWindowsだったりする場合はAirPods Proより便利になります。

詳しい話は以下の記事で紹介していますが、2台同時にペアリングし、適宜必要に応じて再生するデバイスを切り替えられるという機能。数秒待つとちゃんと切り替えて使うことができ、実用度としてはAirPods Proと変わらないくらい。むしろデバイスのOSに依らないという点ではFreeBuds Proの方が上ですね。

AirPods的に使えるHUAWEI FreeBuds Proの「デュアルデバイス同時接続」を試す:もちろんiPhoneでも使える!
HUAWEI FreeBuds Proには、2台のデバイスに同時に接続し、使いたいデバイスで適宜再生...

操作性:押せないのに、ボタンみたいな感触

FreeBuds Pro
FreeBuds Proはハウジングから伸びている「うどん」の部分を摘んだり、スライドさせたりすることで、ノイズキャンセリングのON・OFFや音量の調節が可能です。

筆者が特に驚いたのが、この摘むという動作に対してフィードバックが存在した点。実際にイヤホンのこの部分はクッション性はありませんが、振動と音によるフィードバックによって、まるでクリック感のあるボタンの様な操作感に。安っぽいサウンドによるものではなく、感触によって再生停止などに対し反応を返してくれるのは、操作していて非常に気持ち良かったですね。

  • 1回つまむ:再生・停止
  • 2回つまむ:曲送り
  • 3回つまむ:曲戻り
  • 長くつまむ:
  • 上下にスライド:音量調節(up/down)

ハウジングをタップするものより、確実に間違って操作することがなく、使いやすいですね。

総評:iPhoneユーザーでもAirPods Proより買いかも?

FreeBuds Pro
FreeBuds Pro、今年購入したイヤホンの中では非常に評価が高いです。音質とノイズキャンセリングが良いのは高評価の一因(二因かな?)です。それ以外にも、接続安定性、操作性どの点をとっても完成度が高く、非常に満足しています。

価格も2.5万円程度で購入でき、ハイクオリティなノイキャンと音質がついてこの値段は破格といえます。実際iPhone 11とiPad Air 3と一緒に使って便利だったので、AndroidユーザーだけでなくiPhoneユーザーにもおすすめできるイヤホンです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました