JCB版の実質的な後継「Visa LINE Pay プリペイドカード」発行開始:・iPhoneユーザーは使うべき?

Visa LINE Pay プリペイドカードニュース

Visa LINE Pay プリペイドカードが発行開始されています。発行が停止されたLINE Pay カード(JCB)の後継といえるサービスになっており、非対応だったApple Pay(iD)にも対応する様になっています。

スポンサーリンク

Visa LINE Pay プリペイドカード

  • 入会費・年会費無料
  • カード:バーチャルプリペイドカード
  • Apple Pay・Google Pay対応(Google Payは今後)

Visa LINE Pay プリペイドカードは、LINEのアプリ上で発行できるバーチャルカード。JCBのような物理カードは現時点ではまだありません。基本的には、オンラインでの決済にVISAカードとして利用したり、おサイフケータイとして使うのが主な利用用途になります。

発行はすぐ可能!

Visa LINE Payプリペイドカードについて : LINE Pay 公式ブログ
「Visa LINE Payプリペイドカード」は、事前にチャージした金額分だけ使える、バーチャルプリペイドカードです。LINEで発行、すぐに使えて、手数料、年会費も無料です。Apple Payに設定することでかざして簡単にお支払いができ、Visa加盟店のオンラインショッピングでのお

発行方法は、LINEアプリのWallet部分から発行するだけ。待たされたり審査ということがなかったので、2, 3分程度で完了することができます。

JCB版からの乗り換え、iPhone・Androidユーザーはどうする?

JCB LINE Payカード
LINE Pay カード(JCB)は、既に新規発行も終了。紛失や再発行も行っておりません。また現在発行済みのカードに関しても有効期限まで。基本的に物理カードが必要な場面とGoogle Payで利用していなければ、VISAに乗り換えるのが吉。Google Payに関しても、対応次第乗り換える方が良さそうです。

JCB版で対応していたQUICK Pay+はQUICK Payしか対応しない部分では利用できず困ることがありました。Visa LINE Pay プリペイドカードではiDなので、そうしたことを木にせず使えることになるのは良さそうです。

Source:LINE

コメント

タイトルとURLをコピーしました