音質・機能・価格、全てが完璧な「Beats Fit Pro」をなぜ買わないのか?

Beats Fit Proワイヤレスイヤホン

Apple H1チップを搭載し、ノイズキャンセリングや空間オーディオなどをAirPods Proにある機能を詰め込んだ「Beats Fit Pro」が話題です。音質・機能の評価が高く、価格が2.4万円と安価なことも評価を上げている一因です。

そんな「Beats Fit Pro」は買うべき存在なのですが、AirPods Proユーザーにとっては悩ましい部分が存在します。

スポンサーリンク

「Beats Fit Pro」は、Beats版AirPods Pro

Beats Fit Pro
「Beats版AirPods Pro」と呼ばれる所以は、Apple H1チップを搭載している点。Beats Fit Proは、AirPods Proにある機能的な便利さと音質的な良さを享受することができます。

H1チップを搭載しているので、Appleデバイス間での自動切り替えに対応しています。特にハイブリットなご時世なので、出先では、移動中はiPhoneで音楽を聴いて、Macでビデオ会議、iPadで動画視聴といったライフスタイル。Apple H1チップによって実現される、この機能は必須です。

Beats Fit Pro
更に、ノイズキャンセリングに空間オーディオもコンテンツを楽しむ上では欠かせません。特にAirPods Proで実現されていた自然な外音取り込みやノイズキャンセリングが、Beats Fit Proで利用できるのは大きな魅力といえます。

なによりも注目すべきなのは、USB Type-Cで充電できる点。Lightning必須のAirPodsと違い、Macなどの充電に利用できるUSB Type-Cが使えます。筆者の自宅の充電環境もUSB Type-Cはたくさんありますが、LightningはiPhone用の一つだけ。

欠点らしい欠点は、ケースのサイズが少し大きいことくらい。それ以外に特に欠点は見当たりません。Androidでも使えます。

【レビュー】Beats Fit Pro:”AirPods ProのBeatsモデル”
AirPods Proの性能をAirPods 3の価格で実現
Beats Fit Pro レビュー|ノリの良いサウンド!Apple製品との親和性も高くAirPods Proより好きかも
Beatsのイヤホンは昔から好きで、かれこれ4製品ほど試して来ました。 前作(というか廉価版)である「Beats Studio Buds」を購入した際には、レビューに書いた通り、ややこもったような音質が微妙に感じていたの

壊れて買い替えなら「Beats Fit Pro」は全然良い

Beats Fit Pro

破格のクオリティなBeats Fit Pro


今使っているAirPods Proに問題がある場合は、Beast Fit Proに買い替えた方が良いでしょう。例えば、バッテリーが大きく劣化しているとかBluetoothの調子がおかしいなら、買い替え先としてのBeats Fit Proは選択肢としてアリです。

価格も2.4万円(Amazonなら22,545円)と入手しやすい値段になっており、AirPods Proよりも7,000円近く安く買うことができてしまいます。

AirPods Proユーザーが待つべき理由

AirPods Pro
しかし、特に問題が無い場合、AirPods Proを購入しても1年位の場合は、そのままAirPods Proを使い続けても良いと思っています。

その理由は、AirPods Proの新モデル登場の可能性。2021年10月にMagSafe対応モデルが登場したとはいえ、AirPods Proの中身は2年半近く更新されていません。無印のAirPodsシリーズは1→2→3にかけて、だいたい2年半ペースで大幅刷新を迎えています。

そう考えると2019年10月に発表されたAirPods Proは、2022年3月に、機能やデザイン、音質などが刷新されたAirPods Pro 2が登場してもおかしくありません。

ちょっとでも音質や機能性の向上されたモデルが気になるという場合は、次期AirPods Pro待ちが基本的には吉。筆者も、ちょっとでも質の向上を期待したいので待とうと思っています(決意)。ただ、2022年3月に出ないとなると、次は6月, 9月とずれ込んで行きます。もしガジェット好きの方であれば、2.4万円のBeats Fit Proをとりあえず買って、AirPods Proの新モデルを考えるというのでもアリかもしれません。

コメント