【レビュー】WindowsとMac間で「Logicool MX Keys mini KX 700GR」を切り替えて使った感想・注意点

5.0
MX Keys mini KX700パソコン周辺機器
※記事中に含まれるリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。
※記事中に含まれるリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

ロジクールが2021年11月に発売したばかりのキーボード「MX Keys mini KX 700GR」を購入して、1ヶ月ちょっとガッツリ使ってみました。この期間に修羅場を迎え、大量の文章をこのキーボードとともに作成してきました。

この記事では「MX Keys mini KX 700GR」の紹介と、WindowsデスクトップPCとMacBook Air、Mac miniの3台で切り替えて使った感想や注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

MX Keys miniの外観

MX Keys mini KX700
MX Keys miniは、その名の通りMX Keysのコンパクトモデル。テンキー部分がなくなったことで、横幅がぐっと狭くなり、スリムなデザインになりました。コンパクトといっても、メインとなるキーボート部分は、そのままで、MX Keysに合った打鍵感の良さ保とうとしています。

配列は、WindowsとMacの両方に対応したデザインになっています。

MX Keys mini KX700
充電はUSB Type-Cで行います。

MX Keys mini KX700
一般的なメカニカルキーボードと比べても、厚みはかなり少なめ。

打鍵感:ノートPCに近い

MX Keys mini KX700
打鍵感は、ノートPC的ですが、それ自身よりも快適に感じました。特にノートPCの打鍵感が好きな人にとっては、ハマるはず。キーサイズに余裕があるので、快適なブラインドタッチを行えます。

7万字程度の論文を書くのにも使用してきましたが、ミスタイプも少なく長時間打鍵して、文章を書くことができました。筆者の学位はこれに救われた可能性があります。

マルチペアリング機能で3台まで登録可能

MX Keys mini KX700
マルチペアリング機能を搭載しているので、OSを問わず、3台までワンタップでデバイスを切り替えることができます。Windowsデスクトップと、MacBook Air間の切り替えがメインで、たまにサブのMac miniに接続して利用しています。

接続するOSや端末を変えた際、こちら側で特になにかスイッチを切り替える必要はなく、キーボード側で接続しているOSを認識して、配列を合わせてくれます。

WindowsとMacを切り替えるときの注意点

人間がWinとMacの配列に慣れる必要あり

MX Keys mini KX700
最初の問題は、キーボードの問題ではなく、人間の問題。WindowsとMacでは一部キーの配置が異なります。例えば、コピーのショートカットの場合、Macなら”cmd + C”ですが、Winなら”ctrl + C”とメインになるキーの位置が違います。その他日本語入力の切り替え方も異なるため、OSを変える際は配列の変化にも慣れる必要があります。

もちろん、キーマッピング変更ソフトを使って、どっちかに統一してしまうのもありだと思います(WindowsならKeySwap、MacならKarabiner)。

Macデスクトップの場合、Bluetooth接続すると再起動後ログイン不可に

Macを再起動時にBluetoothキーボードが反応しなくなってログインできない場合の解決法
Macを使っていてBluetoothキーボードが反応せずログインできなくなって詰んだ場合の解決法です。1.有線接続キーボードでログイン。2.FireVault設定をオフにして再発予防。これで今後も安心してBluetoothキーボードが使えます。

macOSの設定によっては、Bluetooth接続の場合、再起動した後の初回のログインパスワードを入力できなくなります。macOSにはFileVaultと呼ばれる暗号化ツールが標準で装備されています。この機能がONになっていると、起動直後(一回入力してしまえばOK)のBluetooth接続デバイスからの入力を受けつけなくなります(Magic Keyboardは例外)。

特にMac miniやiMacの場合、入力デバイスが外付けになるので注意しましょう。MacBook AirとかノートPCであれば、キーボードがもともと付いているので、この問題に悩まされることはありません。

このFileVault機能をOFFにするか、Logicoolのレシーバー”Bolt“ならこの問題を回避することができます。ちなみに、MX KeysはUnifyingレシーバがついていましたが、MX Keys miniではBoltレシーバが付属していません。しかもこの2つのレシーバーに互換性は無いので注意(不便すぎる…..後方互換は残して欲しい….)。

総評:満足度が高く、複数台持ちユーザーにも勧められる

MX Keys mini KX700
本気の執筆用途にMX Keys miniを1ヶ月間酷使してきましたが、満足度は非常に高いです。筆者は、パソコンの対応ソフトの都合上、MacとWindowsを行き来して作業を行うことがあります。そんな中、MX Keys miniはデバイスを切り替えても、ガンガン作業を進めて行くことができました。筆者の学位取得を支えてくれた優秀なキーボードです。

これからデスクトップPC用に考えている方、ノートPC向けに考えている方、複数デバイスで使おうと考えている方におすすめできるキーボードといえます。

【レビュー】ロジクールのワイヤレスキーボード「MX Keys」:オシャレ・複数OSやデバイスをワンタップで切り替え
Mac miniで使っていたMagic Keyboardが壊れかけたため、ロジクールのワイヤレスキー...


コメント