「HUAWEI Watch FIT」と「Watch GT2」どちらが普段使い(24時間着ける)に良いのか?

HUAWEI Watch FITガジェット比較

ファーウェイが販売しているスマートウォッチ2モデル「HUAWEI Watch FIT」と「GT2 (42mm)」のどちらを購入しようか非常に悩んだので、違いを比較してみました。

主な用途としては、ほぼ24時間活動量を計測するという目的。風呂に入っている時以外、寝ているときや普段の運動記録、時計としても利用する用途で、どちらが良いのか比較してみました。

スポンサーリンク

HUAWEI Watch FITとGT2のスペック

Watch FITWatch GT2(42mm)
ディスプレイ1.64インチ
AMOLED(456 x 280)
1.2インチ
AMOLED(390 x 390)
センサー加速度センサー, ジャイロセンサー ,
光学式心拍センサー, 環境光センサー,
装着検知センサー
加速度センサー, ジャイロセンサー,
光学式心拍センサー, 環境光センサー,
装着検知センサー, 磁気センサー,
気圧センサー
GPS対応
バッテリー(通常使用)約7~10日間約7日間
防水5ATM
TruSleep™ 2.0
TruRelax
BluetoothBluetooth 5.0 BLEBluetooth 5.1 BLE/BR/EDR
サイズ・重量46 × 30 × 10.7mm、21g41.8 x 41.8 x 9.4mm、29g
カラーサクラピンク, グラファイトブラック,
ミントグリーン, カンタロープオレンジ
グラベルベージュ, リファインゴールド,
ナイトブラック, フロスティホワイト
価格13,800円~16,036円~

HUAWEI Watch FITとGT2は、防水など基本的な性能は同じ。睡眠計測機能のTruSleepやストレスモニタリング機能のTruRelaxに対応しているのも同じ。大きく違うのは本体サイズとカラーバリエーションで、Watch FITの方が横幅が細いにも関わらず、縦が長いため、画面サイズが大きくなっています。

睡眠ならWatch FIT

HUAWEI Watch FIT
FITとGT2、どちらもHUAWEI TruSleep 2.0に対応しており、睡眠計測機能には大差はありません。センサー面でも大きく変わらないため、精度自体も違いは無いでしょう。

ただ、本体の形状の違いには注意する必要が。時計タイプの場合どうしても横幅が広くなるため、腕において閉める幅が増えてしまいます。FITの幅が30mm、GT2の幅が41.8mmと約1cm程異なっており、この微妙なサイズの違いによって腕に当たる感触が変わり、睡眠時に気になるかどうかが大きく変わります。

表示・操作性ならWatch GT2

HUAWEI Watch GT2
画面サイズ自体はWatch FITの方が1.64インチと大きいものの、表示や操作性に関してはGT2(1.2インチ)の方が良さそうです。理由としては2点あり、円形で横幅があることとボタンを2つ搭載している点。

サイズだけ見るとFITの方が大きいですが、GT2の方が横幅があります。解像度自体もFITが280なのに対し、GT2は390。横に表示される情報量の多さはGT2に軍配が上がります。一見大したことの無い差にも見えます。しかし、通知で表示される情報が、縦長の場合は改行が多くなってしまうのに対し、横長だと改行が少なくなり、視線移動が少なく簡単に視認可能です。

GT2にはサイドにボタンが搭載。一方は電源ボタンですが、もう一方は機能ボタンになっており、よく使う機能のショートカットなどを設定しておいて利用することができます。ワークアウトなどを割り当てておけば、いちいち画面を操作することなく、運動を始めることができます。

オシャレをするならWatch GT2

HUAWEI Watch FIT

Source:YouTube


HUAWEI Watch FITもバンドは取り外し可能なようですが、端子自体は独自規格。特にストアなどを見ても、交換用のバンドは現時点では特に販売されてないようです。一方でWatch GT2であれば汎用タイプのバンドに交換可能。機構自体もそれほど難しいものではなく、Amazonなどにも豊富に選択肢が用意されており、金属バンドからレザー、シリコンまでその日の気分や用途に応じて変更することが可能。

HUAWEI Watch FIT
Watch FITの場合は、もともと存在するカラーバリエーション4色の内から気に入ったものを選ぶ必要があります。

結局、どっちを買ったの?

HAUWEI Watch FIT
「結局、どちらを購入したのか?」という話ですが、筆者は「HUAWEI Watch FIT」をチョイスしました。購入の決め手は本体サイズ価格

Watch GT2の方は横幅があるため「時計を身に着けている」という意識がどうしても先行してしまい、寝るときなどは邪魔に感じてしまう可能性がありました。Watch FITも、ジャンルとしてはバンド系ではなくウォッチ系ですが、横幅が細く、見た目にそこまで大きさを感じないため、普段それほど気にせず使えそうというのが大きなポイント。

また、価格面でもGT2とFITの最安モデルは3,000円程度の差ですが、筆者がGT2で気になっていたフロスティホワイトにカラーは20,000円となっており、FITとの価格差が6~7,000円となり、明らかな価格差が生じたのもFITにした理由だったりします。


Source:HUAWEI 1|HUAWEI 2

コメント

タイトルとURLをコピーしました