【比較】「Galaxy S20」を触ったら「Galaxy S23」に買い替えたくなった

Galaxy S20 to S23Androidスマートフォン
※記事中に含まれるリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。
※記事中に含まれるリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

「Galaxy S20」をしばらく使ったところ、2023年春には日本でも発売されるGalaxy S23」に買い替えたくなりました。最上位モデルとなるS23 Ultraが何かと注目されがちですが、無印のGalaxy S23ももっと注目されて良いと思います。

この記事では、現在Galaxy S20の良さを振り返りつつ、Galaxy S23の魅力をまとめてみました。

スポンサーリンク

Galaxy S23とS20のスペック比較

Galaxy S20Galaxy S21
OSAndroid 10~13(予定)Android 13~17(予定)
SoCSnapdragon 865Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxy
ディスプレイ6.2インチ(3,200×1,440)
Dynamic AMOLED
120Hz
6.1インチ(2,340×1,080)
Dynamic AMOLED
48~120Hz
Gorilla Glass Victus2
RAM12GB8GB
内部ストレージ128GB128/256/512GB
アウトカメラ6,400万画素(望遠)
1,200万画素(超広角)
1,200万画素(広角)
5,000万画素(広角)
1,200万画素(超広角)
1,000万画素(望遠)
インカメラ1,000万画素1,200万画素
バッテリー4,000mAh3,900mAh
ネットワーク5G/LTE
Wi-Fi・Bluetooth802.11ax
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.3
防水IP68
サイズ152 x 69 x 7.9 mm146.3 x 70.9 x 7.6mm
重量163g168g
カラークラウドホワイト,
クラウドブルー,
コスミックグレー
Lavender, Cream,
Phantom Black, Green
その他画面内指紋認証,
Qi充電,
Felica(国内)
USB Type-C

Galaxy S23(海外版)をEtorenでチェック

まだまだ使えるGalaxy S20だけど..

3年経っても魅力的なGalaxy S20シリーズ

Galaxy S20
Galaxy S20のSnapdragon 865にRAM 12GBというスペックは、今でも現役です。SoC自体は古くありますが、ディスプレイのリフレシュレートも120Hzなため、3年たった今でも操作はとてもスムーズです。

Galaxy S20
ハイエンドだけあって、3年経過しても、色褪せない質感は魅力的。本体の材質、ディスプレイのベゼルの細さなど、今のスマホと比較しても遜色ないレベル。中古で状態の良いものを買うのは全然アリです。

ただし、Galaxy S20のバッテリー劣化は気になる

Galaxy S20
ただし、Galaxy S20は、国内発売からそろそろ3年が経過し、大きくバッテリーが劣化してバッテリーが持たなくなった人も多いはず。

性能的に使えそうとはいえ、バッテリーが持たないスマホは不便な上に、防水機能も劣化します。スマホは毎日使うものなので、定期的なタイミングで買い替えて置くほうが吉。

買い替え先としてGalaxy S23が魅力的な理由

S21, S22から完成されたデザイン

Galaxy S23
Galaxy S23は、Galaxy S21やS22のツートンなデザインから大きくブラッシュアップされました。背面は、シンプルな一枚のガラス板になり、カメラ部分もスッキリしました。筆者はS23のデザインが、S21などよりも圧倒的に好きです。

Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxyのパワー

Galaxy S23 Snapdragon 8 Gen 2
Galaxy S23シリーズに搭載されるSnapdragon 8 Gen 2 for Galaxyは、Androidでは現状最高スペック。通常版のSnapdragon 8 Gen 2よりもCPU/GPU性能が向上しています(詳しくはこちら)。Galaxy S20に搭載されているSnapdragon 865比で、ベンチマークのスコアなどは、大体1.5~2倍以上の性能向上です。

世代が上がり、性能向上したことでアプリの起動速度や動作だけでなく、バッテリー持ちといった省電力性のメリットも期待できます。

QualcommがGalaxy S23シリーズにSnapdragon 8 Gen 2 for Galaxyを供給、通常版からCPUとGPUの性能が向上
Qualcommは韓国のサムスン電子が開発したGalaxy S23シリーズに対して、Snapdragon 8 Gen 2 for Galaxyを独占的に供給した

Galaxyは4世代のOSアップデート


Galaxyは2021年で発売したモデルから4世代に渡るOSのアップデートをサポートしました。Galaxy S23はAndroid 13で発売のためAndroid 17まで使える予定です。バッテリーがヘタリきるまで最新OSを使い続けられます。

Galaxyの長期に渡るアップデートのサポートが、中古市場でも価値を持つ可能性はあります。iPhoneは5年前のモデルでも最新のアップデートを受けられます。中古市場でも最新のOSが入るとなるだけで、他のメーカーより魅力が出てきます。

Galaxy S23(海外版)をEtorenでチェック

ミッドレンジのGalaxy A53も良いけれど、S23を強くおすすめ

Galaxy S23
もし、あなたがこの3年間ほとんどスマートフォンを使う機会がなかったのであれば、Galaxy A53という選択肢もあります。そこそこのスペックがお手頃価格で手に入ります。

ただし、筆者は基本的にはGalaxy S23をおすすめします。Galaxy A53も良いスマホですが、3年前のGalaxy S20よりもスペックは低く不便に感じる点はあるはずです。Galaxy S20からの乗り換えなら、スマホの使用頻度が低いならA53もありだとは思います。

一方、上位モデルとなるGalaxy S23はS20同様、3年経過してもそれほど不便にはならないと予想されます。毎日・長期的に使っていくものであればこそ、良いスマホを買う価値は十二分にあると思います。

Galaxy S23(海外版)をEtorenでチェック

Source: Samsung 1|2

コメント