Googleが「Pixel 6 / 6 Pro」発表:気になる点やおすすめをまとめてみた

Pixel 6Androidスマートフォン

Googleから最新のスマートフォン「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」が発表されました。

最上位モデルのPixel 6 Proも気になるのですが、個人的にはPixel 6がとても気になっています。

スポンサーリンク

Pixel 6とPixel 6 Proのスペック

Pixel 6Pixel 6 Pro
OSAndroid 12
SoCGoogle Tensor
ディスプレイ6.4インチ(2,400×1,080)
OLED, 90Hz
Gorilla GlassVictus
6.7インチ(3,120×1,440)
OLED, 120Hz
Gorilla GlassVictus
RAM8GB12GB
内部ストレージ128 / 256GB (UFS3.1)
アウトカメラ5,000万画素
(広角, f/1.85, Octa PD Quad Bayer )
1,200万画素(超広角, f/2.2)
OIS, LDAF
5,000万画素
(広角, f/1.85, Octa PD Quad Bayer )
1,200万画素(超広角, f/2.2)
4,800万画素(望遠, f/3.5)
OIS, LDAF
インカメラ800万画素(f/2.0)1,100万画素(f/2.2)
バッテリー4,614mAh5,003mAh
ネットワーク5G(Sub-6)/LTE5G(Sub-6, mmWave)/LTE
Wi-Fi・Bluetooth802.11ax, Bluetooth 5.2
SIMデュアルSIM(nanoSIM, eSIM)
サイズ158.6 x 74.8 x 8.9 mm163.9 x 75.9 x 8.9mm
重量207g210g
カラーStormy Black, Kinda Coral, Sorta SeaformStormy Black, Cloudy White, Sorta Sunny
その他画面内指紋認証, Qi充電, Felica
USB Type-C, 防水防塵(IP68)
価格74,800円〜116,600円〜

ちょっとした注目点として、Pixel 6 ProがPixel 6よりも、3gしか重くなっていない点が挙げられます。 iPhone 13 ProとPro Maxは35gも重くなっているにも関わらずです。Pixel 6 Proは、画面サイズやカメラ、バッテリー、ミリ波対応を行っているにも関わらず、それだけの重量増なのが驚き。持ちやすさ自体は、画面サイズはPixel 6の方が良さそうですが、Pixel 6 Proも案外重さを感じにくいかもしれません。

価格は、Pixel 6の128GBモデルが74,800円、256GBモデルが85,800円。Pixel 6 Proの128GBモデルが116,600円、127,600円です。発売日は10月28日。

気になるところ

デザイン:質感とUIが気になる

Pixel 6
まず、Pixel 5シリーズから大幅アップデートされた、デザインと質感の部分が気になります。本体カラーは三色で塗分けされ、Gorilla Glass 6の背面ガラスや合金製のフレームなど、手に持った時の感触はかなり良さそうです。「すべてが新しくなった」というのは間違いなさそう。

Pixel 6
あとはUI。これまでのPixelシリーズのUIは、いわゆる「素のAndroid」でした(Googleが作っているので当たり前ですが)。しかし、Android 12からは、「Material You」という設計思想が打ち出され、より自分好みにできるようになりました。

Pixelシリーズで利用できる機能ですが、中でも特にPixel 6の本体デザインとのマリアージュは、絶品です。Pixel 6の本体カラーと同系統のセットアップにしても、気分を変えたいときには、対照的な色合いにしても楽しむことができます。ユーザー側に選択肢を持たせつつ、統一感を失わせないというのは、個人的に刺さりました。

AI関連の機能:翻訳やカメラなど

流行りではありますが、AI関連の機能も強化されています。Google翻訳が強化されオフラインでもリアルタイム翻訳可能になっており、モバイル回線やWi-Fiを気にせず、かなり実用的なレベルで通訳可能になっています。

また、カメラ方面でも生かされており、不要なものを写真から消す機能などが追加されています。

Googleは今回、わざわざTensorという独自にチップを開発して搭載しています。独自チップを採用して追加したかった機能や今後の方向性があるということであり、それがどういった方向性なのか非常に気になるところです。

余計な心配が不要:アップデートなど

Pixel 6
アップデートや機能追加、他デバイスとの連携について余計な心配がないのも魅力的なポイントです。Pixelシリーズは3年間のバージョンアップデートと5年間のセキュリティアプデートが、約束されています。アップデートされるのかどうかといったことを考えることなく、最新機能を楽しみ、セキュリティ面でも安心感があるのは良いところ。メーカー独自機能が追加されるより、Androidスマホで幅広く共有される標準機能を追加される方が嬉しいですね。

Pixel 6 or Pixel 6 Proどっちが良い?欲しい?

Pixel 6
人におすすめなのも、自分が欲しいのもPixel 6です。価格はPixel 5から据え置きの価格は74,800円でありながらも、大幅なクオリティアップを果たしているのが魅力です。高額化していくスマートフォンも多い中で、端末デザインやスペックにほとんど妥協することなく、ハイクオリティな仕上がりになっています。

一方、Pixel 6 Proは、116,600円から。Pixel 6と比べるとお高いですが、「手の出しにくい”Pro”」ではありません。フロントベゼルの洗練され具合、望遠カメラを搭載、リフレッシュレートが120Hz、5Gのミリ波対応が大きな違い。写真撮影や動画撮影を頻繁にしたり、ゲームもやりこむことが、多いなら買う価値のある値段です。

Source:Google 1|2

コメント

  1. aj より:

    RAM間違えてるよ