羽根の無い扇風機「dyson pure hot & coollink」が故障、ダイソンの対応が良かった

ダイソン

羽根の無い扇風機として有名な「dyson pure hot & coollink」が故障してうんともすんとも言わなくなってしまいました。

電源が全く入らない&サポートに問い合わせる

今回故障した製品

コンセントに繋いでリモコンのボタンを押しても全く反応がなく、本体の主電源を押して無反応といった症状。コンセントにしばらく繋いでから電源を入れようとしても反応がなく、完全に故障した状態でした。

こちら側でどうしようもなかったため、ダイソンのサポートに連絡することに。サポートに電話すると、製品登録の有無や保証状況を確認するために製品本体のシリアルナンバーを告げるよう言われました。2年間の保証が残っていたようで、製品に特に問題無い限りダイソン側が配送料だけでなく、手配も行ってくれました。

製品登録をしておこう

ダイソン 保証
製品登録したつもりは全く無かったのですが、これまで使っていた製品にはWi−Fi機能があり、スマホから遠隔操作するためにダイソンアプリを使ったことがあったのですが、シリアルナンバーはそのときアプリから登録されていたようでした。


製品登録、ついついめんどくさくなって後回しにしたりやらなかったりしてしまいがちですが、しておくとおかないとでは受けられるサービスが大きく異なってくるので、絶対にしておきましょう。

ダイソンから箱が送られ、その場で返送

今回、購入したときの箱がないことを告げたら、箱はダイソン側で用意してくれヤマト運輸で箱が送られてきます。届いたらその場で箱を組み立て製品とリモコンを入れ、送り返します。この時組み立てるためにガムテープを用意しておきましょう。(筆者の場合、ヤマト運輸の人がテープを持っていませんでした。)ちなみに返送用のラベルは向こう側ですでに用意されています。

送り返す際に緩衝材はいらず、箱に本体とリモコンを入れるだけでした。

今回は新品交換、嬉しい

ダイソン
どうやら修理できるような故障ではなかったようで、新品の製品がそのまま送られてきました。今回は箱が送られてくる際に一回不在、届く際にも一回不在だったため少し時間がかかりましたが、ダイソンの方針としては回収後72時間というのが目標らしく、対応はかなり早かったです。

ダイソンの製品は性能は良いものの少し値段が高い印象がありましたが、サポートの対応もよく迅速だったので、次掃除機が故障したら購入してみようかななんて考え始めています。