【検証】Chromebook上のCrossOver20経由で「Microsoft 365」のインストール・動作が可能に

CrossOver Chrome OSTips

Chromebookに、CrossOver Chrome OSをインストールし、Microsoft Office 365を利用することが可能になっています。今回実際に、ChromebookでWord、Excel、PowerPointを使って検証したので結果を紹介します。

CrossOver Chrome OSの導入方法も簡単。ライセンス認証も可能で、仮想マシンでWindowsを動かすよりも軽量になっています。ただ実用的と言えるかは微妙です。

追記:今回は32bit版をインストールしています。

スポンサーリンク

CrossOver Chrome OSとは

CrossOver Chrome OS
CrossOver Chrome OSは、ChromebookのCrostini上にインストールするソフト。MacやLinux上でWindowsを動作させるWineをベースに作られています。

CrossOver Chrome OS
有料のソフトですが、2週間の体験をすることが可能。わざわざアカウントを作らなくても良く、メールアドレスと名前を入力したら、すぐにダウンロードさせてくれます。
CrossOver Chrome OSはこちらから

CrossOver Chrome OS
ソフトは買い切り型で、現在のバージョンのみなら39.95ドル(約4,197円)、1年間のアップデート付きで59.95ドル(約6,298円)、ずっとアップデートが保証される永続版は499.95ドル(約52,518円)になっています。

インストール方法

CrossOverのインストール方法

  1. CrostiniをONにする
  2. CrossOverをインストールする

インストール自体は、非常に簡単でCrostiniをONにして、CrossOverをインストールするだけ。普通にWindowsにソフトをインストールするのと同じ様に、CrossOverもインストール可能。

Microsoft Office 365のインストール

CrossOver Chrome OS
CrossOverのインストールが終わったら起動させます。”Install Windows Software”をクリック。

CrossOver Chrome OS
検索バーに”Office”と入力し、Office365を選択します。

CrossOver Chrome OS
真ん中の言語をEnglishからJapaneseに変更し、Continueを押します。

CrossOver Chrome OS
あとはフォントやOfficeの起動に必要なものをCrossOverが勝手にダウンロードしてインストールしてくれます。

スクリーンショットし忘れましたが、途中手動でインストールを求められるものがあるので、画面の指示に従ってインストールしましょう。

CrossOver Chrome OS
しばらく放置していると、見慣れたOffice 365のインストール画面が表示され、CrossOver上でインストールが完了したことが表示されます。

トライアル期間中、Officeのアプリを起動する際に、RegisiterしてくださいなどCrossOverから求められることがありますが、”Try Now”でOK。

Office 365のWord・Excel・PowerPointの検証結果

○できたこと内容
ライセンス認証
日本語入力
基本的な動作(編集・ファイルを開くなど)
×できないこと内容
OneDriveのファイルを直接開く
Word:校閲コメントもりもりのファイル
Excel:マクロ(VBA)入のファイル

ライセンス認証に関しては、Wordで済ませておけばExcelやPowerPointにも自動的に適用されました。

CrossOver Chrome OS
日本語入力は、この記事の設定を行い、Linuxアプリで日本語入力できる様にしておけば行えます。ただし、変換については画面左端に表示されるため、使いにくいですね。

あと、3つ全てに共通してできなかったのは、OneDrive上にあるファイルを開くこと。これに関してはエラーが生じダメでしたね。ローカルにダウンロードしておけば問題なく開けます。Wordでは、校閲コメントもりもりのファイル、Excelはマクロ(VBA)の入ったファイルは不可でした。

ちなみに、コメントをChromebookのWord(CrossOverで)つけたり、そのファイルを閉じて開くことは可能だったため、このあたりはなにか条件などがあるのかもしれません。

CrossOver Chrome OS

CrossOverでExcel起動


CrossOver Chrome OS

CrossOverでPoerPoint起動

AccessやPublisherも起動することは確認しています。

CrossOver Chrome OSを使うメリット

  • 仮想マシンで動かすより軽い
  • ストレージが少なくて済む

現時点では、マクロ(VBA)が動作しないため、完璧かと言われればそうではありません。

CrossOver Chrome OS

CrossOverのアプリ一覧


ただ、仮想マシンにWindowsをインストールして、そこでOfficeを使うより圧倒的に軽量・快適。ハイスペックマシンで無くても、そこそこ動きそうな感触があります。また、仮想マシンを使うと一気に32GB以上使われますが、そうしたストレージの専有がないのも良い点でしょう。

Web版のOfficeやOffice互換ソフトで表示崩れを嫌う場合には、CrossOver経由で利用する価値はありそうです。

CrossOver Chrome OSはこちらから


コメント

タイトルとURLをコピーしました