フォルダブルスマホ「HUAWEI Mate X2」が登場、360度開くスマホになるのか?

Prepare for a crease-less future. A foldable for today and beyond. 22.02.2021. Stay tuned. #HUAWEIMateX2 #ImagineWhatUnfolds pic.twitter.com/2bwtOip1Jd— Huawei Mobile (@HuaweiMobile) February 19, 2021スマートフォンのニュース

Weiboなどにも投稿され話題になっていましたが、HuaweiはTwitter上でも「HUAWEI Mate X2」に関するティザー画像を公開しています。

内折り外折りに対応し360度開けるフォルダブルスマホとも噂されており気になる所。2021年2月22日発表予定となっています。

スポンサーリンク

噂によると360度開く…かもしれない


画像を見る限り、光の軌跡が内側にあるので、「Mate X」とは異なり「Mate X2」はディスプレイが内側に来るような仕様になっている模様。

<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Prepare for a crease-less future. A foldable for today and beyond. 22.02.2021. Stay tuned. <a href="https://twitter.com/hashtag/HUAWEIMateX2?src=hash&ref_src=twsrc%5Etfw">#HUAWEIMateX2</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ImagineWhatUnfolds?src=hash&ref_src=twsrc%5Etfw">#ImagineWhatUnfolds</a> <a href="https://t.co/2bwtOip1Jd">pic.twitter.com/2bwtOip1Jd</a></p>— Huawei Mobile (@HuaweiMobile) <a href="https://twitter.com/HuaweiMobile/status/1362839702752083969?ref_src=twsrc%5Etfw">February 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
360度開くと噂されている理由としては、ティザー画像にある光の奇跡とヒンジの仕組み。以下のツイートでもそうですが、よくよく見ると外側と思しき部分にも光の奇跡が残っています。これは暗にその角度も開くよということを示しているものと思われます。

また、ヒンジ部分の仕組みはレノボのノートPCで搭載されている「ウォッチバンドヒンジ」という仕組みに似ていることもポイント。レノボのノートPCはこの仕組みを採用し、ノートPCでもタブレットとして利用できる2-in-1になっていました。


360度開くとなると、ディスプレイの保護面や使い方という点でも一気に幅が広がりそうな所。特に閉じたとき用のディスプレイを用意しなくて良いのは、機構的にはよりシンプルになりそうですね。

ただ360度開くとなると、ディスプレイへの負担は大きくなりそうですし、実際に実現するかどうかも噂レベル(Surface Duoも360度開きますが、あくまでディスプレイは2枚になっています)。過度な期待は控えつつ、発表は待ちたいですね。



Via:91mobiles
Source:Huawei (Twitter) 1|2

コメント

タイトルとURLをコピーしました